ミニLED採用の14.1インチMacBook Proや新型iMac Proが開発中のうわさ

新型iPad miniの噂もあり

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年03月4日, 午後 02:02 in apple
0シェア
FacebookTwitter
mbp
アップルは2020年~2021年にかけて6つのミニLED搭載製品のリリースを準備中であり、新型コロナウイルスにより生産が遅れることはないと有名アナリストが予測を報告しました。

その中には、14.1インチMacBook Proや新型のiMac Proという、なんとも興味をそそられる未発表製品が含まれています。噂の発信源は、アップルのインサイダー情報でおなじみのMing-Chi Kuo氏が投資家向けに送った最新の研究ノートです。ちなみにミニLEDとは液晶バックライトに用いられる技術であり、ローカルディミング(部分駆動)技術と組み合わせて「部分的にバックライトを消灯」を可能とするもの。それにより有機ELパネルのような純度の高い黒を表現しながら、省電力も期待できるわけです。

さてKuoノートによると、アップルは現在12.9インチiPad Pro、27インチiMac Pro、14.1インチMacBook Pro、16インチMacBook Pro、10.2インチiPadおよび7.9インチiPad mini、以上6つのミニLED搭載製品を開発中と見られるとのことです。

このうちiMac Proは2020年の第4四半期、iPad miniは2020年に発売予定とされ、それ以外の製品はいつ発売か特定されていません。もっとも、昨年末にKuo氏はミニLED版の12.9インチiPad Proは2020年第3四半期、16インチMacBook Proは2020年の第4四半期と予測していました

特に注目を集めるのが、やはり14.1インチMacBook Proへの言及でしょう。Kuo氏は「13.3インチからのアップグレード」、すなわち現状の13インチMacBook Proラインアップを置き換えるとしています。これは従来の15インチMacBook Proが16インチに置き換えられた流れに沿ったものですが、アップル幹部のフィル・シラー氏はそうした方針を否定するニュアンスを発言していました。もっともアップルの秘密主義からいって、本当のことが語られるわけがないとも思われます。

もう1つ注目すべきは、「27インチiMac Pro」が挙げられている点です。Mac Proに並ぶ高級デスクトップMacの「iMac Pro」は、2017年末に更新されてからすでに2年以上が経過しており、プロユーザーは気になるところかもしれません。

そして何げなく言及されている10.2インチiPadおよびiPad miniは、ともに高価格帯に属さない製品であり、まだ先端技術に位置づけられるミニLEDが採用されるとの予測には意外な印象を受けます。

すでにアップルが製造コストの問題を解決しているのであれば、いずれ全ての液晶ディスプレイ採用製品にミニLED(あくまでバックライト技術であり、基本的には液晶ベースのまま)が搭載される可能性もありそうです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, AppleRumor, IpadMini, ipadpro, MacbookPro, miniled
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents