ソフトバンク、5Gを体感できるアプリ群「5G LAB」公開

クラウドゲームやVRなど

Rintaro Kaneko
Rintaro Kaneko
2020年03月6日, 午前 06:30 in 5g
37シェア
softbank-5glab

ソフトバンクは3月27日から、5G時代ならではのコンテンツを楽しめるアプリ群「5G LAB」を提供します。

5G LAB は、次の4つのカテゴリーで構成されるサービスです。「AR SQUARE」はアイドルなどの3Dモデルを楽しめるサービス、「VR SQUARE」はAKB48のライブ映像などをVRで視聴できるサービス、「FR SQUARE」はアイドルのライブを多視点で楽しめるサービス、「GAME SQUARE」はクラウドゲームを楽しめるサービスです。4G環境でも利用できますが、5G環境ではより快適に楽しめます。

このうち、「AR SQUARE」「VR SQUARE」「FR SQUARE」は7月31日まで無料体験が可能。無料期間の終了後は、8月から月額500円で提供予定の「5G LAB ベーシック」に加入することで継続利用が可能。また、5G基本料に加入すると無料で使えます。

AR SQUARE

softbank-5glab

「AR SQUARE」は、国内最大規模の3Dホログラム撮影スタジオで30台のカメラを使って制作したオリジナルARコンテンツを用意。アイドルやキャラクターなどを、拡大、縮小、回転させて鑑賞したり、スマホのカメラを通して、好きなアイドルやキャラクターを画面上に出現させ、現実の背景や人物と合わせて写真や動画を撮影できます。



VR SQUARE

softbank-5glab

「VR SQUARE」は、音楽ライブやスポーツ観戦などにおいて、複数の視点を切り替えて視聴できるサービス。スマホでの視点切替も可能ですが、VRゴーグルを装着することで、より立体的に楽しめます。

また、アイドルグループAKB48のシングル曲「失恋、ありがとう」の特別メイキング映像を独占配信。この他にも、現在提供しているVR(仮想現実)サービス「LiVR」よりも大幅にジャンルやコンテンツの拡張も予定しています。

また、ソフトバンクの5G対応スマホ4機種と組み合わせて使えるVRゴーグルをプレゼントするキャンペーンも実施します。

FR SQUARE

softbank-5glab

FRは「Free view point Reality(多視点)」を略した造語で、音楽ライブやスポーツ中継などにおいて、自由に角度を変えることでさまざまな視点から楽しめるサービスです。

例えば、3月27日から独占配信するアイドルグループAKB48のシングル曲「失恋、ありがとう」のミュージックビデオでは、選抜メンバー18人のうち、好きなメンバーだけを最大4人まで選択して視聴できるほか、PayPayドームで開催されるソフトバンクホークス戦では、打者のバッティングなどを好きな角度で楽しめます。

GAME SQUARE

softbank-5glab

「GAME SQUARE」は、いわゆるクラウドゲームサービスです。ゲームプレイ時に負荷がかかるデータ処理を「GeForce NOW」のサーバー側で行った上でストリーミング配信するため、低スペックなスマホやタブレット端末でも楽しめる、という内容です。

海外ではすでに提供されていますが、国内ではソフトバンクが「GeForce NOW Powered by SoftBank」として、6月以降にサービスの提供を開始します。7月31日までは無料とし、それ以降は月額1800円で提供します。

購入したゲームタイトルは、再び買い直しをすることなく、クラウド経由でリモートプレイが可能。また、本サービスでは400タイトル以上のゲームを取り揃えます。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: 5g, ar, game, smartphone, softbank, SoftBank 5G, vr
37シェア

Sponsored Contents