電卓あるあるを解決できるかも!「検索機能」を計算機代わりに使おう:iPhone Tips

集計や平均値を出したいときに便利

山崎理香子(TEKIKAKU)
山崎理香子(TEKIKAKU)
2020年03月6日, 午前 08:10 in iPhone Tips
0シェア
FacebookTwitter
iPhoneには標準で「計算機」アプリが入れられており、四則計算はもちろん関数の計算までできて便利。一方で、途中式が表示されないというデメリットもあります。平均値などを出すために長い計算式を入力していると、どの数字まで入れたかわからなくなったり、誤タップしていても気づきにくかったりしますよね。不安になって何度も計算し直すということも少なくありません。

iPhone

そんなときは「検索機能」を使えば、その悩みを解決できます。今回は、「検索機能」で計算をするメリットをご紹介します。

「検索機能」とは?

「検索機能」は、スマホ内のさまざまなデータを検索してくれる機能です。キーワードを入力すると、それに関するアプリやメッセージを呼び出せたり、関連するWebページや動画を提案してくれたりします。

「検索機能」を使うには、ホーム画面の中央から下に向かってスワイプ。またはホーム画面の1ページ目を右にスワイプしましょう。

iPhone
▲ホーム画面の中央から下に向かってスワイプ(左)。ホーム画面1ページ目を右スワイプ。ウィジェットも一緒に表示されます。

「検索機能」を使って計算する

それでは、「検索機能」を電卓代わりにして、計算を行いましょう。「検索機能」を表示させ、検索ボックスに計算式を入力していきます。

iPhone
▲「検索機能」を表示(左)。計算式を入力。フルキーボードだと乗法や除法は入力できないので、必要に応じて「☆123」キーボードを使いましょう(右)

このときに「計算機」と大きく違うのが、途中式が表示されるという点です。これならどの数字まで入力したか一目瞭然。また入力間違いに気付いても、カーソルを合わせてその数字を削除し、正しいものを入力するだけで済みます。

「検索機能」で計算をすれば、ケアレスミスによる計算ミスが防げます。とはいえ、いつもフルキーボードで数字を入力している人は、「☆123」で数字や記号をフリック入力するのに慣れないかもしれません。また、関数電卓は使えないため、複雑な計算をしたい場合は「計算機」アプリを利用した方がよいでしょう。

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: calculator, iPhone, iPhone Tips, Tips
0シェア
FacebookTwitter