FacebookがWHOの広告を無償掲載。新型コロナウイルス関連で

検索結果に医療機関に誘導するポップも表示し誤情報を駆逐

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2020年03月5日, 午後 08:20 in facebook
42シェア
photoguns via Getty Images2020年3月3日(米国時間)、Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが自身のFacebookページにて、新型コロナウイルスに関するFacebookの新しい取り組みを発表しました。

ザッカーバーグ氏によると、今後FacebookではWHOの新型コロナウイルスに関する広告を無償で掲載するほか、Facebookで「コロナウイルス」と検索すると、検索結果の上部に専門医療機関のページに誘導するポップアップが出るようになるとのこと。FacebookではかねてよりWHOの支援を発表しており、2月には新型コロナウイルスに関する過剰な治療や予防を謳う広告を削除する方針も打ち出していました。今回の広告無償化や、ポップアップの掲示は、増え続ける偽広告を駆逐する取り組みの一環でもあります。

また、ザッカーバーグ氏は、Facebookでは人口密度マップなどを参考に新型コロナウイルスの感染がどのように広がったのかを分析しており、その情報をウイルス研究の専門家に提供したと発表。これにより、感染を早期に特定できるようになり、感染拡大の抑制につながるとしています。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: coronavirus, COVID-19, facebook, sns, WHO
42シェア