GmailでAdobe Creative Cloudのファイルを共有できるアドオン公開

パブリックリンクとして共有されます

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年03月6日, 午後 12:20 in internet
0シェア
Adobe Google
Adobeは3月5日(現地時間)、Creative Cloudに保存したファイルをGmailに添付しやすくし、またGmailから直接保存できるようにするアドオン「Adobe Creative Cloud for Gmail」をリリースしました。

Gmail向けの他社のアドオンと同様に、プラグインをインストールするとGmailの作成ウィンドウにCreative Cloudのアイコンが追加されます。ここからCleative Cloud内のファイルを選ぶと、パブリックリンクとして共有可能できます。

Adobe

いまのところ、プライベートリンクには対応しておらず、すでにプライベートリンクとして共有しているファイルを添付使用とした場合、パブリックリンクへの変更を求められます。また、添付ファイルの保存には100MBの制限が設けられているとのことです。

AdobeとGoogleの連携としては、2月末にもGoogleドライブ内のPDFをAcrobatで開けるようにするアドオンがリリースされたほか、Adobe Stockの写真をGoogleスライドから開けるものも提供されています。両社は、今後も統合を進めていくとしており、さらに多くのツールが登場しそうです。

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: Adobe, Creative Cloud, file sharing, G Suite, gear, Gmail, google, internet, services
0シェア

Sponsored Contents