メッセージ刻印iPodの修理に注意? 交換時の再刻印サービス廃止の噂

思い出深い刻印をしたデバイスは交換しない方がよさそう

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年03月6日, 午前 09:00 in AppleRumor
0シェア
FacebookTwitter
engrave
iPadやiPod touchなどのアップル製品を公式オンラインストアで購入する際に受けられる、メッセージ刻印サービス。無料で受けられることもあり、Engadget読者でも利用したことがある方はいらっしゃるはずです。

実はこれまでアップルは、メッセージが刻印された製品を修理する際、たとえ交換対応を行なった場合でも、メッセージを再刻印するサービスを提供してきました。

しかし、この再刻印が岐路に立っているようです。今週アップルが内部文書を配布し、交換用iPodデバイスの再刻印サービスを中止すると通達したとの噂が報じられているためです。これは米MacRumorsが入手したとする、アップルが正規サービスプロバイダに配布した内部メモを情報源としたもの。

そのメモによれば、今後は損傷したiPod touch、iPod nano、iPod shuffle、またはiPod classicに刻印がなされており、なおかつアップルの技術者がデバイス全体を交換する必要があると判断した場合は、刻印のない交換品が渡されることになります。

これまではユーザー側には、再刻印された交換品が受け取れるオプションが用意されていましたが、これが廃止されるかっこうです。

iPod touchは数あるアップル製品の中ではニッチ製品に位置づけられ、その他のiPodモデルは何年も前に生産中止になっていることを考えると、実際に影響を受ける顧客は比較的少数と思われます。

ただ、思い出深い刻印が施されているデバイスは、修理に出した場合は永遠に失われることを注意した方がよさそうです。

airpods

なお、アップルの無料刻印サービスはiPhoneやiPadのほか、最近はApple PencilやAirPodsシリーズでも提供されています。製品カテゴリごとにサービスが縮小されることはあっても、アップル製品全体としては刻印サービスは続られそうです。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, AppleRumor, engrave, ipod, IpodClassic, IpodNano, IpodShuffle, IpodTouch, repair, Replacement
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents