まさかの「高輪ゲートウェイ駅の香り」発売。JR東が無人AI決済店にて、3月23日から

スギの香りです

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年03月5日, 午後 05:30 in gadgetry
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
JR 東日本は3月23日から、高輪ゲートウェイ駅をコンセプトとした香りのオリジナルエッセンシャルオイルとオリジナル入浴剤「高輪ゲートウェイ駅の香り」を発売します。無人AI決済店「TOUCH TO GO」およびWebサイト「JRE MALL」にて販売予定です。

高輪ゲートウェイ駅はJR山手線・京浜東北線の新駅で、3月14日に開業予定です。同駅ではQRコード改札機や、AIを活用した各種ロボットを試験導入。駅と最新テクノロジーの融合を目指すショーケースを兼ねた駅となります。
そんなテクノロジーや鉄道分野に関心のある人達にとって注目の高輪ゲートウェイ駅は、「香り」も購入できる駅となったわけです。


気になる香りのレシピは、駅舎に建材として用いられている福島県産のスギをベースに、岐阜県飛騨高山産のクロモジなど日本の植物のみを原材料として調香。100%自然の香りを使用した化粧品などのブランド「yuica」(ゆいか)とのコラボ商品ともなっています。

また高輪ゲートウェイ駅でも、駅構内の一部エリアに「高輪ゲートウェイ駅の香り」の芳香エリアを設置予定です。

Engadget
▲yuica エッセンシャルオイル(10ml)「高輪ゲートウェイ駅の香り」:2090 円(税込)

Engadget
▲ yuica 森の 7 days bath(60g)「高輪ゲートウェイ駅の香り」(入浴剤):385 円(税込)

 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: AI, gadgetry, jr, train, weird
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents