Engadget
ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、PlayStation 4用ソフト「Ghost of Tsushima」(ゴースト・オブ・ツシマ)を日本国内に向けに2020年6月26日に発売します。発売日決定の発表に併せて3月6日から、全国のPlayStation取扱店、各種ECサイトおよびPlayStation Storeにて、予約購入の受付を開始しました。通常版の価格はパッケージ版・ダウンロード版ともに6,900円(税別)、特別なスキンなどが付属するデジタルデラックスエディションは7,900円(税別)です。

Ghost of Tsushimaは文永(十三世紀後半)のモンゴル帝国による日本侵攻をテーマにしたオープンワールド時代劇アクションアドベンチャーす。日本侵攻の足掛かりとして対馬に上陸したモンゴル帝国の大軍勢に立ち向かうために、主人公である武士の境井 仁が、侍の道に反した邪道な戦い方に手を染めることを決意し、冥府から蘇った者「冥人(くろうど)」として戦います。発売元はソニー・インタラクティブエンタテインメントで、開発は「INFAMOUS」などを手掛けたSucker Punch Productionsが担当します。



▲3月6日には、Ghost of Tsushimaのストーリートレーラーも公開されました。