SoftBank 5G、当初は「ミリ波」なし。下り最大2Gbpsからスタート

計画では2021年3月からの利用

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2020年03月5日, 午後 06:00 in SoftBank
101シェア
SoftBank 5G
ソフトバンクが3月27日からスタートする次世代モバイル通信サービス「SoftBank 5G」。同サービスの展開当初には、5Gで高速化のカギを握るとされる"ミリ波帯"が利用されません。

SoftBank 5Gの当初の通信速度は、下り最大2.0Gbps、上り最大103Mbpsとされています。特に下り速度では、4G の2倍強程度の向上にとどまっています。

5Gで利用される周波数帯には大きく分けて2種類あり、「サブ6」と「ミリ波」と呼ばれています。サブ6は6GHz以下の、これまでのモバイル通信に近い周波数帯で、技術的な難易度は低めですが、通信速度を拡大する効果は少なめです。

ミリ波帯は28〜60GHz帯という"高い"周波数帯を利用するもので、高速な通信を実現しやすい帯域ですが、干渉に弱く、技術的なハードルは高いとされています。





ソフトバンクではサブ6で3.9〜4.0GHz帯(N77)の100MHz幅の割り当てを受けており、ミリ波ではその4倍に相当する29.1~29.5GHz帯(n257)を割り当てられています。

一方でSoftBank 5Gの展開当初(2020年夏ごろまで)の計画では、サブ6帯の100MHz幅のみを利用するかたちで、販売するスマートフォンもすべてミリ波帯に非対応となっています。

ミリ波帯を活用すればより高速な通信サービスを提供できるものの、実際の運用には高度な技術が必要な上、5Gの立ち上げ当初は対応スマホも限られてしまいます。そのため、ソフトバンクは当初の5G展開においてミリ波帯を利用しない選択をしたものと思われます。

ソフトバンクが総務省に提出した5Gの開設計画でも、ミリ波帯の利用開始は2021年3月ごろとしています。



SoftBank 5Gの開始当初のサービスエリアはかなり限定的な展開ですが、ソフトバンクの榛葉副社長は5G展開について、提出した計画よりも「2年間前倒し」で進行し、2022年末までに「人口カバー率90%を目指す」としています。


TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: 5G, mobile, smartphone, SoftBank, SoftBank 5G
101シェア

Sponsored Contents