Google、9月から全サイトをモバイル・ファースト・インデクシングに移行

Googleは2016年から取り組んでいました

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年03月6日, 午後 02:00 in internet
98シェア
Google
Googleは3月5日(現地時間)、2020年9月から、すべてのウェブサイトをモバイル・ファースト・インデクシング(MFI)に切り替えると発表しました。

Googleはここ数年、検索結果にサイトの情報を表示する際、モバイル向けとデスクトップ向けが存在する場合にはモバイル向けの情報を表示するモバイル・ファーストへの移行を進めていました。2018年末には、半数のサイトがMFIに切り替え済みと発表していましたが、現在はすでに検索結果に表示されるサイトの70%がモバイル・ファーストに移行済みとのことです。


このため、2020年9月からは、すべてのサイトにおいてMFIに切り替えるとのこと。モバイルで表示できないサイトというのは、ほとんどないと考えられますが、たとえばモバイル版ではデータの構造化を行っていないような場合には、サイトの見直しが必要になるかもしれません。Googleは、個別のモバイル用URLは使用せず、デバイスによって自動調整されるレスポンシブWebデザインの採用を勧めています。

なお、9月までの間はサイトにモバイル版がない場合、引き続きデスクトップ版でインデックスを行うとのことです。

モバイル対応を行わない場合の直接的なデメリットについては明確にしていませんが、将来的には検索順位が下がるなどの影響は出てきそうです。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: domains, gear, google, indexing, internet, mobile, mobile first, phone, ranking, search
98シェア