PCエンジン mini、新型コロナウイルス感染拡大により生産と出荷に影響

「白」に関しては今月5日までの予約分は19日お届けとのこと

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年03月7日, 午後 12:05 in pcenginemini
0シェア
FacebookTwitter
PC Engine
Konami Digital Entertainment

コナミデジタルエンタテインメントは6日、新型コロナウイルス感染拡大により、19日発売予定の『PCエンジン mini』などの生産および出荷が影響を受けることを明らかにしました。

公式リリースによると、『PCエンジン mini』『TurboGrafx-16 mini』『PC Engine Core Grafx mini』および周辺機器につき、中国における生産および出荷の遅延が避けられない見通しとのことです。まず3月5日までのPCエンジン mini(いわゆる「白」)予約購入に関しては、当初の予定通り3月19日に商品が届けられるとのことです。
そしてTurboGrafx-16 mini、PC Engine Core Grafx mini、 周辺機器のターボパッド for PCエンジン mini、マルチタップ for PCエンジン mini、ACアダプター for PCエンジン miniの予約購入、 ならびに3月6日以降のPCエンジン mini予約購入については、3月20日以降の配達になるとされています。

新型コロナウイルスは中国に拠点を置くサプライチェーンに広く生産遅延を招いており、世界最大手の製品であるiPhoneの供給にも多大な影響を与えています。3つの本体バリエーションがあるなか、PCエンジン miniに関しては今月5日までの予約、すなわち昨年7月の時点で予約購入した分も予定通りに納品される見込み。そちらに間に合った方々は、19日にお迎えできそうです。

詳細に関しては改めて告知すると述べられており、今後の情報を待ちたいところです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: game, games, PcEngine, pcenginemini
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents