Withings、アナログ文字盤スマートウォッチ Steel HRにサファイアガラス版追加

耐傷性を強化

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年03月6日, 午後 06:30 in wearables
55シェア
engadget
Withingsは、アナログ文字盤のスマートウォッチ「Steel HR」に、サファイアガラスを風防に採用した高級モデル「Steel HR Sapphaire Signature」を追加、本日3月6日より発売しました。

「Steel HR Sapphaire Signature」は、サファイアガラスを採用することで、耐傷性を強化したモデルです。従来の「Steel HR」と同様に、運動量や平均心拍も測定できます。

バッテリー寿命は最長25日間。ワークアウトを記録するモードでは最長5日間で、さらに、時刻表示及びアクティブティ記録に機能を限定することで、20日間稼働を追加できます。

上部にはディスプレイを搭載し、LINEなどのチャットアプリ、SNSなどの通知も表示可能。スマートフォンと連携し、心拍・歩数・走行距離・消費カロリー・睡眠などのデータをiOS / Androidアプリで閲覧できます。

「Steel HR Sapphaire Signature」は下記3モデルを用意。

- Steel HR Sapphire Signature 36mm ローズゴールド・赤
- Steel HR Sapphire Signature 40mm ブラック
- Steel HR Sapphire Signature 40mm ブルー・ブラウン

参考価格は税込3万6240円です。販路はソフトバンクC&S、Amazon.co.jpとなっています。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: smartwatch, wearables, withings
55シェア