iPhone SE2(仮)発売は数か月遅れる?5G対応iPhoneも1ヶ月遅れか(Bloomberg報道)

新型コロナウイルスの影響はどこまで

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年03月9日, 午後 06:40 in 5G
0シェア
FacebookTwitter
iPhoneSE2
新型コロナウイルスの感染拡大がハイテク製品の生産に影響を及ぼしているなか、今春発売と噂された廉価モデルのiPhone SE2(仮)と秋予定と見られる5G対応iPhoneのリリースが遅れるとのアナリスト予測が報じられています。Bloombergによると、米大手銀行バンク・オブ・アメリカのアナリストは、新型肺炎の影響により今秋の5G版iPhone(次期フラッグシップiPhone 12(仮)シリーズは初の5G対応iPhoneとの説が有力)の発売が1ヶ月遅れる可能性があると予測しています。

それに加えて、同社アナリストは「iPhone SE2」ないし「iPhone 9」(仮称)も、新型コロナウイルスによる供給上の問題、および需要が弱まっていることから「数か月」発売が遅れる可能性があると述べています。そして今後の新モデルの発売時期は「4月と5月に生産がどれぐらい回復するかにかかっている」とのことです。

iPhone SE2とiPhone 12シリーズの生産状況については全世界の関心が集まるだけに、2月初めから複数の情報源による噂が相次いでいます。まず、有名アナリストMing-Chi Kuo氏は、中国・河南省鄭州市にあるFoxconnの工場を今後の新型iPhoneにとって最重要の生産拠点とした上で、そこに大幅な遅延が発生していると報告しました。

そして台湾の業界情報誌DigiTimesも、iPhone SE2が「生産検証の最終段階」にあると伝えた直後に、その出荷時期が第1四半期から第2四半期に変更ーーすなわち4~6月に延期されたと報じています

中国では感染拡大がピークアウトしたとの発表もあるとはいえ、新製品の発売が「数か月遅れる」程度で済むと見られるところが、逆にアップルのサプライチェーンの強じんさを示しているとも言えます。とはいえ、新型コロナウイルスの影響は日々変化しているため、今後も予断を許さない状況が続きそうです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 5G, apple, AppleRumor, iphone12, iphone9, iphonese2
0シェア
FacebookTwitter