リアルでサッカーすると「FIFA」のゲームアプリに反映、アディダスがスマートインソールを発表

Jacquardタグを利用

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年03月9日, 午後 03:00 in mobile
113シェア
Adidas GMR
アディダスが3月10日に新製品adidas GMRを発表するとして、そのティザーをTwitterで公開しました。

この新製品、GoogleとEA SPORTSのモバイルゲームFIFA Mobileとのパートナーシップで実現したもの。具体的な内容については触れられていませんが、サッカー系メディアFooty Headlinesの情報によると、GoogleのJacquardを利用したスマートインソールで、実際に装着してサッカーをプレイすると、そのデータがFIFA Mobileに反映されるものになるようです。
Jacquardはこれまで、リーバイスのジャケットやサン・ローランのバックパックなどで製品化されていますが、いずれもメディアコントロール、ようするにタッチパッドの代わりとして使われていました。

adidas GMRの場合もJacquardタグを利用しますが、タッチパッドとしての機能は当然ながらありません。代わりに、プレイヤーのボールタッチやコントロール、スピード、キックなどを追跡できるとのことです。

実際にどのようなデータが取れるのかは、正式発表を待つ必要がありますが、これまであまりぱっとしなかったJacquardの新しい使い方として、期待したいところです。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: adidas, ea, fifa mobile, fifa mobile ultimate team, games, gaming, gear, google, google jacquard, insole, jacquard, mobile, video, video games, wearables
113シェア

Sponsored Contents