ポケモンGO:No.544 ホイーガ入手方法・色違いと弱点・対策 (大人のポケモン再入門ガイド)

ホイールのようなポケモン

Engadget JP Pokedex Team (ポケモン図鑑編纂室)
0シェア

Engadget
最先端のモバイルARと、世代を超えて人気のポケットモンスターが融合したポケモンGO。久々にポケモンを遊ぶ元トレーナーや、これが初めてのポケモンゲームというかたに向けて、要点だけをまとめた大人向け「ポケモン図鑑」です。

今回はむし・どくの複合タイプの「ホイーガ」。

pokedex

「大人のポケモン再入門ガイド」一覧ページはこちら

Engadget
No.544 ホイーガ

全国図鑑番号:No.544 (イッシュ地方・第五世代)
初出:『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』 ニンテンドーDS 2010年
分類:まゆムカデポケモン
英語名:Whirlipede

図鑑の解説

「普段は動かないが襲われると高速回転して走り回り体当たりで反撃するのだ。」

ゲーム内データ

進化:フシデ(フシデのアメ25個)ホイーガ(フシデのアメ100個)ペンドラー
色違い:あり
タイプ:こおり/ゴースト
天候ブースト:雪・ 霧
弱点:ほのお・はがね・ゴースト・いわ・あく(×1.6)
耐性:かくとう・くさ(×0.391)フェアリー・どく・むし(×0.625)
種族値:HP120・攻撃100・防御173

ホイーガの入手方法(2020年2月時点):

・フシデからの進化。
・フシデが2kmタマゴから孵化。

ホイーガ対策ポケモン:

番号 名前(おすすめ技の例)

150 ミュウツー(ねんりき / サイコブレイク)
609 シャンデラ(ほのおのうず / オーバーヒート)
409 ラムパルド(うちおとす / いわなだれ)
065 フーディン(ねんりき / みらいよち)
146 ファイヤー(ほのおのうず / ゴッドバード)

ホイーガは進化途中のポケモンのため強敵ではありません。弱点であるほのお、いわ、ひこう、エスパータイプは強ポケモンが多く、とくにエスパータイプのミュウツー、フーディン、ほのおタイプのシャンデラ、いわタイプのラムパルドなどがおすすめです。ファイヤーはひこう、ほのおどちらでも弱点を突けて、かつ、むしタイプの攻撃に2重耐性があるため、終始有利に戦えます。

ポケモンGO:No.150 ミュウツー 入手方法と対策
ポケモンGO:No.409 ラムパルド 入手方法と対策
ポケモンGO:No.065 フーディン 入手方法と対策
ポケモンGO:No.146 ファイヤー 入手方法と対策

※ミュウツーの「サイコブレイク」はレガシー技(現在は新規に覚えられない技)です。
※ファイヤーの「ゴッドバード」はレガシー技(現在は新規に覚えられない技)です。

ホイーガのバトル評価:不向き

ホイーガは進化途中のポケモンのためバトルには不向きです。進化後のペンドラーは、攻撃力は平均より高く、また、かくとう・むしタイプには2重耐性があるので、かくとうタイプ対策ポケモンとして活躍します。相棒にするとアメが1kmでたまるので育成も容易です。

(主にレイドやジム戦での評価です)

おすすめ技構成:

むしくい(むし) /ヘドロばくだん(どく)
どくばり(どく) /ヘドロばくだん(どく)

ホイーガといえば:

No.543 フシデが進化した姿。「まゆムカデポケモン」という不思議な分類です(本物のムカデは脱皮はしても繭は作らない)。外見も繭というより硬いサナギか、ダンゴムシやタマヤスデのように丸まっただけに見えます。

名前はホイール+イガ? 英語の Whirlipede は「回転する」 Whirl と、ムカデ Centipede の pede (脚)から。

さらに進化すると、攻撃的なデザインで人気のペンドラーになります。

最新のポケモンGOニュース一覧

Pokemon GO

ポケモン公式のタイプ相性表。ざっくり言うと「ばつぐん!」が約1.6倍。2タイプで両方が弱点(二重弱点)の場合は約2.5倍。(例:「こおり・ひこう」のフリーザーに対して「いわ」で攻撃)

耐性は「いまひとつ」が約0.63倍。「効果がない」はポケモンGOでは約0.4倍に軽減されるもののダメージが通ります。

pokedex

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: 544, 544Whirlipede, pokedex, pokemon, Pokemon GO, pokemongo
0シェア

Sponsored Contents