Googleアカウントへのセキュリティキーの追加、Android版ChromeやSafariからも可能に

PCがなくても使えます

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年03月9日, 午後 02:30 in security
0シェア
FacebookTwitter
Google
Googleアカウントのセキュリティを強化する「2要素認証」のセキュリティキーがモバイルのChromeブラウザやMacOSのSafariからも登録可能になりました。

対象となるのは、Chrome 70以降を使用するAndroid 7.0以上の端末と、Safariを使用するMacOS 13.0.4以降のMac。個人はもちろん、高度な保護機能プログラムに登録している場合にも利用できます。

セキュリティキー自体は以前からできましたが、これまで、最初の登録にはPCやMacのChromeを利用する必要がありました。これらのデスクトップ環境で利用するのであれば、そこで登録するのがもっとも簡単ではありますが、自宅にPCやMacがないという人は、セキュリティキーの登録もままなりませんでした。

しかし、今後はAndroidでも登録できるので、自宅にPCがないという人でも簡単に利用できるようになります。

なお、Androidでセキュリティキーを登録するには、USB Type-Cのタイプを使うのが簡単ですが、microUSBタイプの端末では、NFCやBluetoothタイプのセキュリティキーが利用できます。


セキュリティキーを使った2要素認証は、SMSなどによるコード認証に比べて手間がかかる印象ですが、その分、安全性も高くなります。AndroidやiOS端末自身をセキュリティキー代わりにもできるので、ぜひ活用したいところです。

 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, chrome, g suite, gear, google, google account, internet, mac, safari, security, security key, web
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents