モンブラン初のワイヤレスヘッドホンはANC搭載、音声アシスタント対応。スマートウォッチSummit 2+も

長距離フライトが多いエグゼクティブに

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2020年03月11日, 午前 10:20 in Wearables
0シェア
Engadget

高級筆記具にはじまり腕時計などファッション製品をブランド展開するモンブランが、ブランド初のヘッドホン製品Montblanc Smart Headphonesを発表しました。また2019年に発売したスマートウォッチSummt 2に続く新製品Summit 2+も、併せて発表になっています。

Montblanc Smart Headphones


Gallery: Montblanc Smart Headphones | of 15 Photos

  • Engadget
    Engadget
    Image Credit: Engadget
  • Engadget
    Engadget
    Image Credit: Engadget
  • Engadget
    Engadget
    Image Credit: Engadget
  • Engadget
    Engadget
    Image Credit: Engadget
  • Engadget
    Engadget
    Image Credit: Engadget
  • Engadget
    Engadget
    Image Credit: Engadget
  • Engadget
    Engadget
    Image Credit: Engadget
  • Engadget
    Engadget
    Image Credit: Engadget
  • Engadget
    Engadget
    Image Credit: Engadget
  • Engadget
    Engadget
    Image Credit: Engadget
  • Engadget
    Engadget
    Image Credit: Engadget
  • Engadget
    Engadget
    Image Credit: Engadget
  • Engadget
    Engadget
    Image Credit: Engadget
  • Engadget
    Engadget
    Image Credit: Engadget
  • Engadget
    Engadget
    Image Credit: Engadget



Montblanc Smart Headphonesは、米Shinolaのターンテーブルなどを手がけたアレックス・ロッソンがデザインを担当。高級ブランドにありがちな煌びやかさよりも、シックな外観に重きを置いています。ヘッドバンドとイヤーカップには羊革風の素材を用い、それらをクロームメッキ仕上げの金属パーツで組みあげ、サイズ調節用のスライダー部はモンブランのロゴマークが控えめに埋め込まれています。

さらに旅行への持ち出しに便利な折りたたみ機構も備えます。モンブランの広報担当者は、このヘッドホンがターゲットとする顧客層(主に豪華なビジネスライフスタイルを持つ男性旅行者)にはプレミアムなノイズキャンセリングヘッドホンが必要だったと述べています。

片側のイヤーカップに並ぶ操作ボタンは音量やノイズキャンセリング用。ノイズキャンセルは周囲の音を取り込めるパススルーモードももちろん備えています。クアルコム製SoCを内蔵しており、Google AssistantをサポートしつつAndroidのみならずiOSデバイスともBluetoothを介して接続します。また長距離フライトでの使用にあわせ、バッテリーの持続時間は広報担当者曰く約20時間。

そのサウンドは、試聴した本家Engadget記者の言葉を借りれば「驚くほど完璧でクリアなオーディオ品質」だそう。少なくとも外観にふさわしいだけの音質は備えていそうです。

カラーラインナップはブラックレザー&クローム、ライトグレーレザー&クローム、ブラウンレザー&ゴールドクローム。価格595ドル(記事執筆時点の為替レート1ドル=105円で計算すると約6万3000円)。米国での発売時期は3月中とのこと。

Summit 2+


Gallery: Montblanc Summit 2+ | of 11 Photos

  • Engadget
    Engadget
    Image Credit: Engadget
  • Engadget
    Engadget
    Image Credit: Engadget
  • Engadget
    Engadget
    Image Credit: Engadget
  • Engadget
    Engadget
    Image Credit: Engadget
  • Engadget
    Engadget
    Image Credit: Engadget
  • Engadget
    Engadget
    Image Credit: Engadget
  • Engadget
    Engadget
    Image Credit: Engadget
  • Engadget
    Engadget
    Image Credit: Engadget
  • Engadget
    Engadget
    Image Credit: Engadget
  • Engadget
    Engadget
    Image Credit: Engadget
  • Engadget
    Engadget
    Image Credit: Engadget



モンブランが初めてスマートウォッチに進出したのは2017年のSummitでした。SummitはAndroid Wear 2.0、Snapdragon Wear 2100 SoC、512MB RAM、4GBストレージを備えつつ、1.39インチAMOLEDの円形ディスプレイに精緻なアナログ時計を表示するスマートウォッチでした。2019年にはケーシングを42mmに縮小し女性でも使用しやすくしたSummit 2を発表。Snapdragon Wear 3100、RAMとストレージをそれぞれ倍にしつつ心拍センサーの搭載により機能面でも充実した製品になりました。

そのSummit 2の主な仕様を引き継ぎつつマイナーアップデートしたのが今回のSummit 2+。視認性の良い1.28インチディスプレイは常時オンの設定が可能になり、その裏側に隠される改良された心拍センサーがアプリによるストレスレベルの測定機能を追加します。また新しい旅行情報アプリでは旅行先の情報をユーザーに示し、音声翻訳機能も提供します。

440mAhに拡大されたバッテリーの恩恵で持続時間は最大5日間。充電器もスタンド型に変わりました。また新たにeSIMを備えLTE接続が可能なバージョンも追加されるとのこと。

発売時期および価格は未発表ですが、LTE搭載版は1170ドルからになるとされます。

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: av, gadgetry, gadgets, gear, headphones, montblanc, montblanc summit 2+, smartwatches, Wearables
0シェア

Sponsored Contents