Pencil
将来のiPadではマウス操作が強化されるとの噂に続いて、次期システムソフトウェアiOS 14(およびiPadOS 14)では手書きした文字がテキストに自動変換されるOCR機能「PencilKit」が追加される可能性があると報じられています。米MacRumorsが得た情報によれば、たとえばApple Pencilでテキスト入力フィールドをタップし、そこでメッセージを手書きすると、より読みやすい標準テキストに自動変換されてメールで送信できるといった具合いです。

このPencilKit機能はアップル純正のメッセージやメモ、リマインダーやカレンダー、メールやそれと互換性のあるアプリにて動作すると述べられています。テキスト入力フィールドをApple Pencilでタップするたびにフローティングインターフェースがポップアップし、そこで手書きできるとのことです。

そしてサードパーティ製アプリもPencilKit機能にアクセスして手書きをサポートできると推測されつつも、どの程度可能となるかは分からないとされています。

さらに本機能が、最終的にiOS 14に組み込まれるかどうかも不明と伝えられています。アップルはiOS 13がバグだらけだったことを反省して、iOS 14では不具合がある場合は特定の新機能だけオフにして切り離せるようにしたとの噂もありました

そうした手書き入力機能に加えて、Apple Pencilにより図形を描画できる「マジックフィル」機能も開発中と伝えられています。こちらも詳細は述べられていませんが、手書きの歪んだ図形をきれいに補正する機能かもしれません。

MacRumorsのコメント欄に「Newtonが帰ってきた!」と感動の言葉が寄せられています。Newtonとはジョブズ追放時代にアップルが送り出した手書きモバイル端末のことですが、28年の歳月を経てようやく当時のCEOだったジョン・スカリーの夢が叶うのかもしれません。
10452279