ソニー、PC版『ホライゾン ゼロ ドーン』発売を認める。専用機へのコミットも表明

この夏予定

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年03月11日, 午前 10:14 in sony
100シェア


うわさが続いていたPS4『Horizon Zero Dawn』のPC版発売をソニーが認めました。

自社で開発・販売したプレイステーション4の看板タイトルを他プラットフォームでも販売する大きな転換点であると同時に、今後すべてのPS独占ゲームをPCでも販売するわけではない、引き続き専用機ビジネスに100%コミットする等、プレイステーションファンの不安を和らげるための説明も重ねています。


2017年発売の『Horizon Zero Dawn』(以下ホライゾン)は、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの自社開発スタジオのひとつ Guerrilla Games が開発したSFオープンワールドRPG。

KILLZONEシリーズなどプレイステーション専用タイトルを作り続けてきたゲリラの完全新規作品であり、ソニー的にもプレイステーション4の新たな看板のひとつとして推した結果、二周年時点の2019年で世界1000万本を記録するなど成功を収めたゲームです。

PS4『Horizon Zero Dawn』インプレ。狩猟欲と探索心をそそる濃密な世界、PS4 Proの威力も実感する大作

当初はプレイステーション独占だったソニー販売の大作が後にPCでも販売される例は従来にもありましたが、いずれもサードパーティ開発スタジオが契約にもとづき時限独占タイトルとして提供した作品が、別のパブリッシャーから別プラットフォームで販売されるかたちでした。たとえば『デトロイトビカムヒューマン』や『デス・ストランディング』など。

しかしゲリラはソニーが抱える自社開発スタジオ群 SIEワールドワイドスタジオ(WWS)のなかでも中核のひとつ。現在WWSのトップを務める Hermen Hulst 氏も、昨年11月まではゲリラの責任者でした。

ホライゾンPC版のうわさは以前からあり、たとえば2020年1月の時点では、

・おそらく年内リリース
・SteamおよびEpic Games Storeで販売すると思われるが最終決定ではない
・PS4 Proよりも高いフレームレートなどもっときれいなグラフィックで遊べる

といった内容が「匿名の関係者によれば」で伝えられていました。

ソニー、『Horizon Zero Dawn』PC版をSteamで発売? 自社PS4タイトル初 (うわさ)

今回、ホライゾンPC版の発売を正式に認めたのは、SIE WWSの責任者 Hermen Hulst氏。PlayStation Blog のインタビューのなかで、現在のWWSの状況と新任プレジデントとしての所感を述べるなかでの言及です。

具体的な仕様などに触れた部分は少ないものの、発言を要約すれば

・PC版ホライゾンゼロドーンは2020年夏に発売
・詳細はゲリラの新しいディレクターたちからまもなく続報がある
・(プレイステーションファンへのコメントを求められて) 重要なのは、より多くの人々にプレイステーションを紹介し、見逃していたかもしれない作品を伝える新しいやり方に対してオープンであり続けること。
・すべてのPS4独占AAAタイトルをPCでも販売すると決めたわけではない。ホライゾンは特に適した作品だった
・引き続き、ゲーム専用機ビジネスに100%コミットする

また、ホライゾン限定ではなくソニーの自社開発スタジオ群としての将来的な方針をについて語った部分では、

・従来のようにゲーム専用機に深くコミットを続ける
・高品質な独占タイトル、強い物語主導のシングルプレーヤー作品に深くコミットする

任天堂がスマホ参入を発表した際のごとく、いまからマルチプラットフォーム展開を発表しますよの前フリといわんばかりに、ゲーム専用機を見捨てたわけでもマルチ標準化に展開でもないと繰り返し強調しています。



ソニーがプレイステーション向けに自社開発・自社パブリッシュした大作がPCでも販売されるのは、Hulst氏がいうように「新しい試み」ですが、PS4本体を買わなくてもPSゲームが遊べる仕組み自体は、従来からストリーミングゲームサービスの PS Now とPC版クライアントのかたちで提供してきました。

ホライゾンもPS Nowのカタログに含まれるため、ストリーミングのかたちであれば、すでにPS4なしでPCから遊べることは遊べます。(動画再生なので非力なPCでも遊べる一方、強力なGPUを載せたゲーミングPCでも恩恵はありません)。

ソニーは「より多くの人に伝える機会」としつつ、すべての作品を出すわけではない、あくまで実験的な試みと強調しますが、同じくゲームのリーチ拡大を掲げる競合マイクロソフトは、自社開発・パブリッシュのゲームについて、原則すべてゲーム機Xboxと同時にPCでも、時間差を設けず同日にリリースすること、定額制遊び放題サービス Xbox Game Pass にも即日カタログ入りさせる方針をとっています。

ホライゾンの「実験」がどう出るか、どのような方針につながるかはまだ分かりませんが、願わくばソニーでも、魅力的な自社タイトルをゲーミングPCでもPSでも遊べる選択肢をゲーマーに提供してほしいものです。できればクロスバイとクロスセーブも。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

100シェア

Sponsored Contents