ベクノス ペン型カメラ
360度全天球カメラのヒットシリーズ「RICOH THETA」の開発陣が新会社ベクノス(Vecnos)に移籍し、ペン型360度カメラを開発していることが発表されました。

ベクノスはリコーの社内スタートアップとして、2019年8月にリコー横浜事業所内に設立。リコー本体とは独立して、事業を展開します。同社CEOには初代THETAのプロジェクトリーダーを務めた生方秀直氏が就任しています。

ベクノスは現在、ペン型デザインの全天球カメラを開発しています。これは"全く新しい技術を駆使した"ものとされており、細長いボディの側面に3つ、天面に1つのレンズを組み込み、360度の映像・写真を撮影できます。RICOH THETAのようにアプリと連携して使うデバイスとなっており、アプリもこのために新たに開発されています。

ベクノス ペン型カメラ

ベクノスでは光学技術とAIによる画像処理技術で新たなユーザー体験の提供を目指すとしており、THETAシリーズのような全天球カメラなどの製造販売と関連ソフトウェア、サービスの提供が主な事業としています。事業分野としてはRICOH THETAと重複するものになりますが、リコー側ではTHETA事業を継続して展開していく方針です。

ベクノスの広報担当者によると、これまでのTHETAは法人向けの用途(不動産の内見や中古車販売の写真撮影など)が中心となっていましたが、ベクノスでは一般の消費者をメインターゲットとした製品を展開していくとしています。