レノボが4年培ったテレワークのノウハウを公開。生産性を向上し制度を定着させた仕組みとは

急遽テレワークを導入した企業をサポート

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年03月12日, 午後 12:00 in lenovo
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
レノボ・ジャパンは3月11日、報道関係者向けに秋葉原UDXの本社にて、全社一斉で実施しているテレワークデーについて解説しました。

レノボ・ジャパンは2016年から無制限テレワークの正式運用を開始しています。同社の取り組みやノウハウを紹介することで、コロナウイルス感染拡大を受けて急遽テレワークをせざるえない企業のサポートをすることが目的です。Engadget

まずは前提として、なぜレノボ・ジャパンがここまでテレワークに積極的なのか? という点について、同社社長のデビット・ベネット氏がコメントしました。

「弊社は幸せな従業員がよりよいパフォーマンスを発揮することで、『働きやすさNo.1』を目指しています。それを実現するためにテレワークを採用する企業としてのトップを目指します。

テレワークが定着してきた2019年に実施した社員アンケートでは、92%が生産性が向上したと回答しています。また、ワークライフバランスが向上し、昨今の新型コロナウイルスによる仕事への影響を抑えることができました。さらに、魅力的な職場環境を実現したことで社員の定着や採用活動の面でも大きなプラスとなっています。

レノボには『Smarter Technology for all』というミッションがあります。簡単にいうと、テクノロジーで困っている人を助けるということです。このミッションを達成すべくコロナウイルスの影響でテレワークを導入しはじめた企業向けに、弊社が4年以上積み重ねてきたテレワークに関するのノウハウをまとめたガイドを一般公開しました。テレワーク導入についてのアドバイスが欲しいという企業がいれば、これからもサポートし続けます。」

Engadget
▲2019年に実施した社員アンケート

アンケートによる結果ですが、生産性が低下したという回答を8%に抑えつつ、ワークライフバランスが向上しています。加えて、この取り組みには自社でのテレワーク導入結果をもとに、顧客に対してユースケースを提示できるというメリットもあります。PCメーカーであるレノボ・ジャパンにとって、テレワークは単なる福利厚生の手段でなく、競争力を高める手段としての側面も大きいそうです。



おすすめのテレワーク環境

さて、レノボ・ジャパンはいかにして持続可能なテレワークを実現するための取り組みをしているのでしょうか?まずは作業環境について紹介します。

■PC
Engadget

業種に合わせたスペックのPCを用意する必要があります。PC選びではディスプレイの解像度に注目しましょう。実務では2つのウィンドウを並べて作業する人が多いので、最低でもフルHDの解像度がないと快適な作業環境は構築出来ません。また、ノートPCであれば開いた瞬間にネットワークにアクセスできるLTE内蔵モデルが好ましいとのこと。

そのほか、モバイルモニターやプライバシーフィルター、ポートを拡張するUSBハブといったアクセサリを支給することで生産性向上に繋がります。

Engadget
▲テレワークでの課題となるセキュリティ面では守るべき情報のプライオリティを決めることが重要です


■オンライン会議とヘッドセット
Engadget

テレワークでのコミュニケーションの要はオンライン会議です。まず、オンラインで誰もが快適につながっている環境を整えなければなりません。オフライン会議を設定する場合は会議内容を必ず記載しましょう。

また、オンライン会議をするならばヘッドセットの導入をおすすめします。2つのポイントを意識してヘッドセットを選びましょう。

1つ目は装着感です。業種によっては何時間もリモート会議に参加する必要があるため、長時間装着していても疲れない形状の製品を選びましょう。

2つ目はミュートボタン。円滑にオンライン会議をするには余計な音声をカットするのが重要です。発言するとき以外にはミュート状態にするのが好ましいです。PC側でも操作可能ですが、カチッと物理ボタンで切り替えることができるミュートボタンの必要性は、多くの社員からのフィードバックがあったそうです。

Engadget
▲レノボ・ジャパンの会議室には、オンライン会議を設定できるデバイスが備え付けられています


テレワークを定着させるには?

今回のような有事の後でも、テレワークを定着させていく仕組みとしては、制度だけでなく社風やカルチャーを変革していく必要があります。レノボ・ジャパンは経営層がテレワークのメリットを理解した上でトップダウンで実施するべきとしています。

社員はどうしても「空気を読む」行為をして制度を利用しないケースがあるので、やっていい雰囲気をつくることが大事とのこと。テレワークでも業務ができるという実感を持つために強制で全社一斉のテレワークデイを設ける施策などが有効とのことです。

以上、今回説明された内容を簡潔に紹介しました。なお、これらに関しての詳細は、同社が発行した冊子「はじめようテレワークスタートガイド」に記載されているとのこと。詳しくはこちらを参照していただけると幸いです。


 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: coronavirus, headset, lenovo, pc, telework, work
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents