Gmail、複数の署名を使い分け可能に

送信先に応じた署名の切り替えも簡単に

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年03月11日, 午後 03:50 in internet
0シェア
FacebookTwitter
Gmail
GoogleはGmailで間もなく、複数の署名をサポートするようになると発表しました。

これまで、メールアドレス毎に署名を変更することはもちろんできましたが、1アドレスにつき、設定できるのは1署名のみでした。それで困ることはあまりないかもしれませんが、仕事とプライベートに共通のアドレスを使っている場合など、送信先に応じて署名を変更したいといったケースでは、これまで手間がかかりました。

そういった場合、今後はメール作成画面の下部から、作成済みの署名を切り替えられるようになります。新規作成や返信メールに、デフォルトの署名も指定可能です。

複数署名機能は、G SuiteのRapid Releaseドメインですでに展開を開始、Scheduled Releaseドメインや一般ユーザーでは、3月24日から順次展開が行われます。

署名が切り替えられるのは、人によっては便利になりそうですが、プライベートで使う署名を仕事のメールで使ってしまわないよう、新たな注意が必要になるかもしれません。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: email, g suite, gear, gmail, internet, services, signature, web
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents