JR東日本の駅自販機が「Suica」以外のキャッシュレス決済に対応

「iD」「QUICPay」「nanaco」など

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年03月11日, 午後 03:43 in acure
0シェア
FacebookTwitter
acure payment
JR東日本の駅構内にある自動販売機「acure(アキュア)」が、Suica以外のキャッシュレス決済にも対応します。 「iD」や「QUICPay」などの電子マネー、およびコード決済に対応する新型機器「マルチリーダライタ」を春以降に導入。多様な決済手段が利用できるようになります。

自販機acureはこれまで、「Suica」や「PASMO」などの交通系電子マネーを使った決済に対応していました。今回、新型マルチリーダライタの導入により、この春以降は下記の決済サービスを利用できるようになります。
  • iD
  • QUICPay
  • nanaco
  • 楽天Edy
  • WAON
  • Alipay
  • WeChat Pay

同社は、決済サービスを提供するビューカードや、決済インフラを提供するJR東日本メカトロニクスと連携し、2020年7月までに約1000台のマルチリーダライタを自販機acureに導入する予定です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: acure, alipay, cashless, id, jr, JrEast, nanaco, pasmo, payment, payments, quicpay, rakutenedy, suica, waon, wechat pay
0シェア
FacebookTwitter