mineoが「iPhone 11」を7万円台で発売、格安SIM初

カラーは3色

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年03月12日, 午後 12:10 in iphone
0シェア
FacebookTwitter
engadget
mineoは、MVNO(格安SIM)初となる「iPhone 11」の取り扱いを発表しました。カラーはホワイト・ブラック・グリーンの3色展開、容量は64GBと128GBで、価格は一括の場合それぞれ7万4680円、7万9680円(いずれも税別)となります。

この「iPhone 11」は、mineoが独自に調達したSIMフリー製品。端末本体や付属品ともに通常使用されておらず、メーカーによる保証がつかないという点を除いては、新品同様の「未使用品」です。

一方で、独自の端末保証「mineo端末安心保証 for iPhone」を適用可能。同サービスは月額500円〜1000円で、自然故障・落下・水濡れ・その他偶然事故による全損や部分損をカバーするもの。9000円から1万3000円の交換代金を支払うことで、新品もしくはリフレッシュ品と交換できます。また、同保証サービスを加入月から3か月間無料にするキャンペーンも実施します。

なお、AppleストアなどでSIMフリー版のiPhoneなどを購入すれば、これまでもmineoでiPhone 11を利用することはできました。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, iphone, iphone11, mineo
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents