即配サービス「PayPayダッシュ」福岡で始動、スマホ注文でイオン商品を配達

実証実験として行います

Rintaro Kaneko
Rintaro Kaneko
2020年03月12日, 午後 05:15 in mobile
56シェア
paypaydash

ヤフーとイオン九州は、3月16日から即時配達サービス「PayPayダッシュ」の実証実験を開始します。これに合わせてスマホアプリ(iOS / Android版)の提供を開始しています。

本実証実験の内容は、福岡県天神エリア限定にて、イオンショッパーズ福岡店の約150店舗の商品を注文から最短30分で自転車にて配達するもの。ユーザーはPayPayダッシュアプリ上で配達先を指定し、弁当や飲料水などの商品を注文するだけです。支払いは商品を受け取る際、PayPayアプリ上で行う「PayPay」決済、または商品注文時に「PayPayダッシュ」のアプリ上で行うクレジットカード決済のいずれかを選択できます。

送料は3月16日~31日までの期間は無料とし、4月1日以降は注文状況などによっての変動となる予定。最低注文金額は700〜2000円です。

ヤフーとイオン九州は本実証実験を通して、即時配達のニーズを把握するほか、取り扱う商品の拡大や、他の地域での展開を検討するとしています。

なお、実証実験の終了時期に関しては、未定としています。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

56シェア