ダイソンが8万円のLED照明「Lightcycle Morph」を発売、自然光を再現して1台4役

ユーザーの年齢に応じて明るさも調整

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年03月13日, 午後 12:20 in gadgetry
78シェア
Engadget
ダイソンは3月12日、「Lightcycle Morph」を発売しました。価格はデスクライトモデルが税別6万6000円、フロアライトモデルが税別8万9000円です。

暖色系と寒色系のLEDをそれぞれ3つづつ搭載し演色評価数90Ra以上を実現し、自然光に近い色となっています(値が100に近いほど自然光に近い)。色温度は暖色2700Kから寒色6500K、輝度は100〜850lmで調整可能です。自動輝度センサーを備えているので周囲の光に合わせて明るさの自動調節もできます。

Engadget

スマホアプリ「Dyson Link」と連携すると、Lightcycle Morphに搭載されているマクロプロセッサーに自然光のデータが送信されて現在地の自然光に合わせて色温度と明るさを60秒ごとに調整します。これにより、自然の生活リズムに合わせて室内の照明を演出できます。

また、排熱にヒートパイプテクノロジーを採用したことで過熱によるLEDの劣化や変色を防ぎ寿命が最長60年間になるとしています。

LED照明部分、アーム、支柱の3点を360度回転させることができるので、設置場所やシーンに合わせて4つの照明モードで生活を照らします。

Engadget
▲手前は「アンビエントライト」。ヘッド部を支柱に接続することで温かみのある空間を演出します。奥は「インダイレクトライト」。間接照明として利用します。ヘッドが360度回転するので壁や天井に光を当てることができます。

Engadget▲ヘッド部と支柱の接続はマグネットを利用しており、カチッと心地よい音と触感がします。支柱から照らされる明かりは均一になるように設計されています。


Engadget
▲「タスクライト」。ライトを垂直に配置することで、パワフルな光をより鮮明に照らすように設計されています。支柱下部にはUSB Type-Cポートがあるので、スマホなどを充電できます。

Engadget
▲「スポットライト」。壁や棚に飾られるアート作品の細部まで照らします。

Engadget
Dyson Linkでは、ユーザーが設定した年齢に基づいて明るさを補正します。65歳以上の人は20歳以下の人と比べて、最大4倍の光が必要と言われており、ユーザーの年齢が高ければ高いほど光が明るくなります。アプリには「学習モード」「作業モード」「リラックスモード」などシーンに合わせた照明設定が用意されています。


TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

78シェア