Pokemon GO

昨今の情勢を受けて、ポケモンGOが追加でゲーム内容の変更を告知しました。

人混みや頻繁な外出を避けても遊べるよう、

・自分の周囲にポケモンが増える「おこう」を30個1コインで販売(初回のみ)
・タマゴの孵化に必要な距離が半減
・野生のポケモンがさらに増加

といった変更を実施します。
ポケモンGO、国内は3月コミュニティデイ延期。GOバトルリーグ無料化など対策発表(2020年3月3日)

ポケモンGOではすでに3月頭の時点で、日韓伊の三国については「コミュニティ・デイ」イベントの延期を告知していましたが、今回改めて全世界で延期を発表しました。

このほか、追加対策として日本を含む世界で変更されたのは、

おこう30個セットを1コインで販売。購入は一回のみ。おこうの効果は従来の30分間から1時間に延長中。

・タマゴの孵化に必要な距離が半減

・ポケストップからギフトが従来よりも多くドロップ

・ポケモンのハビタット(地形に応じた発生地点)が増え、野生出現も増加

期限は当面。今後改めて告知があるまで。

おこうの本来の価格は80ポケコイン。30個セットは2400ポケコイン(約2400円)にあたります。30個セットの購入は一度限りですが、その後も通常の半額40ポケコインで販売しています。

タマゴの孵化距離半分は、ここの機を逃さずと余計に外出するプレーヤーもいそうですが、ともかく歩く距離を減らす施策です。

Pokemon GO

世界で延期された3月コミュニティ・デイは、本来ならばエスパーのケーシィが大量発生するはずでした。

一方、特に一か所に人が集中する性質のイベントではないということなのか、初登場の幻のポケモン「ゲノセクト」が先行入手できるスペシャルリサーチストーリーイベントは3月20日から26日の実施が告知されています。

ポケモンGOに幻の『ゲノセクト』出現。課金リサーチで先行入手

いずれにせよ、情勢の変化に応じて随時変更があるため、従来以上に頻繁に新情報やゲーム内告知をチェックする必要がありそうです。

Updates to events: Abra Community Day - Pokémon GO