ポケモンGOに幻の『ゲノセクト』出現。課金リサーチで先行入手

4月にEXレイド入り

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年03月13日, 午前 08:39 in pokemongo
33シェア
Pokemon GO

ポケモンGOに幻の「こせいだいポケモン」ことゲノセクトが初めて登場します。

3月20日から始まる有料チケット制のゲーム内イベント「スペシャルリサーチストーリー」で先行入手できるほか、4月には招待制のEXレイドボスとして課金なしでも入手可能です。

ゲノセクトは2012年にニンテンドーDSの『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』で初登場したポケモン(第五世代、イッシュ地方)。2013年には『劇場版ポケットモンスター ベストウィッシュ 神速のゲノセクト』として映画の看板にもなりました。

ゲーム内では、3億年前にハンターとして君臨したむしポケモンが化石から復元され、悪の組織によって兵器として改造された設定。特徴となる専用技「テクノバスター」は、アイテム「カセット」の差し替えでタイプを「ほのお・みず・でんき・こおり」のいずれかに変更できるめずらしいわざです。

スペシャルリサーチストーリーイベント「こせいだいポケモンの謎を解け!」概要


期間
  • 3月20日朝8時~3月26日22時

場所
  • どこでも。チケットを購入して開始日時になればどこでもボーナスが発生する。

内容
  • 参加にはチケット購入が必要。価格は980円。コインではなく現金(アプリ内購入)のみ
  • チケット購入はゲーム内ストアから。開始の数日前から3月26日20時(終了2時間前)まで
  • 幻のポケモン「ゲノセクト」が入手できる限定スペシャルリサーチ
  • 参加でメダル「こせいだいポケモンの謎を解け!」取得
  • むしタイプ・はがねタイプのポケモンが出現。カイロス・ハッサム・エアームド・カブルモ・チョボマキなど。スペシャルリサーチのタスク内容に含まれるポケモン、ゲノセクトに関連したポケモンも出現。
  • ゲノセクトのキャップやバックパックなど限定アバターアイテム
  • プレミアムバトルパス x5、スーパーふかそうち x3、わざマシンスペシャル x3、わざマシンノーマル x3、おこう x3、ほしのかけら x 3、ポフィン x1、ふしぎなアメ x15、アイスルアーモジュール x1
  • 限定フィールドリサーチでツチニン・ストライク・エアームド・タテトプス出現

Pokemon GO

注意点など

・ゲノセクトのスペシャルリサーチを受け取るにはゲーム内ストアからチケット購入のうえ、イベント開始の3月20日から終了の26日22日までにポケモンGOアプリを起動してログインが必要。
・期間内にすべてのタスクをクリアできなくても、イベント終了後に達成できる。

・チケットを購入してイベントに参加しなくても、ゲノセクトは4月からEXレイドボスとして出現。

初めての課金スペシャルリサーチで先行登場したレジギガスとおおむね同じ仕組みです。

ポケモンGO、レジギガスは課金スペシャルリサーチで初登場。時間差でEXレイドボスへ(2019年)

レジギガスと比較すると、今回は消費アイテムのボーナスなどがかなり多くお買い得になりました。

EXレイドボスとしてもすぐに追加されるため、先行できるのはクリア日時により数日から数週程度。ただしEXレイドは会場となる特別なジムでレイドバトルに参加したうえで招待を待つ必要があります。

普段から頻繁にレイドを遊び、EXレイドにもよく参加できるプレーヤー以外にとっては、ひと足先に手に入ることより、EXレイド以外の方法で入手できることが重要かもしれません。


ポケモンGOではCOVID-19ウイルスの世界的流行を受けて、特に日韓伊ではイベントを中止・変更・延期するといった対応をとってきました。

ポケモンGOが3月の対応を告知。GOバトルリーグ無料や「おこう」半額は継続

スペシャルリサーチイベントについても変更や延期があっておかしくありませんが、会場に集まるリアルイベントではなく、またレイドバトルのように大勢が集まる必要もないことから、そのまま実施する判断になったのかもしれません。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

33シェア