iPhoneホーム画面、ついに新モードが? iOS 14で「アプリのリスト表示」搭載のウワサ

スタバ連携のARアプリも導入か。大量の新機能で攻めすぎな印象も

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年03月12日, 午後 02:00 in applerumor
90シェア
List
米9to5Macは、独自に入手した次期システムソフトウェアことiOS 14のコードを解析し、次々と情報を伝えてきました。代表的なところでは、iPhone 9(仮)と新型iPad Proの詳細情報や、手書き文字がテキストに自動変換される新機能といった具合です。

そして新たに同メディアが、iOS 14では「iPhoneでのホーム画面がより便利になる」などの手がかりを発見したと報告しています。現在iOSアプリを表示できるのは、ホーム画面に並んだアイコンとアプリ検索のみです。9to5Macによれば、そこに全てのアプリケーションのリスト表示が加わるとのことです。

具体的なイメージは、Apple Watchのリスト表示(ホーム画面でアプリアイコンを長押し>「リスト表示」を選択)に似ているとされています。つまり全アプリが縦に並べられ、上下にスクロールできる表示モードということです。

list

さらにリスト表示では、新しいアイコン並び替えオプションがいくつか用意されると述べられています。未読通知がある全てのアプリや、最近使用したアプリをフィルタリングして優先表示するという具合です。

それに加えてこのリスト表示には、時刻と場所に最適なアプリを提示する「Siriからの提案」(iOS 13でもアプリ検索画面で表示される)も含まれるとのことです。たとえばジムに到着したら、ミュージックアプリを勧めてくるという格好です。

そして先日、iOS 14ではマウス操作の強化や指によるジェスチャーがサポートされる可能性が報じられていましたが、こちらに関しても、アプリを切り替えることができるジェスチャーも追加されるとのことです。

ただしこれはiPhone向けではなく、iPad Pro用としてウワサされている、トラックパッド内蔵SmartKeyboard用に設計されていると述べられています。

またiOS 14では、そうしたホーム画面改善のほか、新たなARアプリ(コード名「Gobi」)も開発中だと判明したとされています。これはユーザーがARアプリを通じて、周囲の世界に関する多くの情報を取得できるようになるもの。さらには、今後のアップル純正ARヘッドセット計画の一部になるとの予測です。

より具体的には、アップル直営店やスターバックス店舗との統合をテスト中と思われるとのことです。たとえば店内で展示された製品にiPhoneをかざすと情報が表示され、価格がわかり、機能が比較できるわけです。

さて、アップルはiOS 13で機能を詰め込みすぎたためにバグだらけになったことを反省しているとの噂もありましたが、それにしてはiOS 14には数々の新機能が意欲的に取り入れられている感があります。

この問題に関しては、上記の噂で合わせて伝えられていた、不具合のある新機能は1つずつオフにできる「フラグ」と呼ばれる仕組みが有効に活用されることで、「いざとなれば切り離せばいい」という姿勢で追加されている(よって最終的には削除される可能性もある)のかもしれません。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

90シェア

Sponsored Contents