「レゴ×スーパーマリオ」初コラボ、コースを作って遊ぶデジタルブロックトイ発表

2020年後半発売

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2020年03月12日, 午後 11:09 in nintendo
0シェア
FacebookTwitter
レゴ マリオ
レゴジャパンは、任天堂のスーパーマリオとコラボしたデジタルブロックトイ「レゴ スーパーマリオ」を2020年内に発売します。

レゴとスーパーマリオの初のコラボ製品で、ブロック玩具でありながら、ビデオゲームのような反応が楽しめるようになっています。なおこの製品は、数日前にレゴ公式Twitterにて「レゴマリオ」と予告されたもの。今回改めて発表された形です。

関連記事:
レゴブロック製のマリオ爆誕。その名も「レゴマリオ」 (3月11日​​​​​​​)


レゴブロックで作るのは『スーパーマリオブラザーズ』のようなコース。土管やハテナブロック、クリボー、ノコノコ、ゴール旗、といったパーツが用意されています。カクカクした『レゴマリオ』のフィギュアもあり、コースの仕掛けによって表情を変えたり、動かし方によってあの「ヒャッフォー」という愉快な叫び声を上げたり、敵を踏みつけてコインを獲得したりします。

レゴ マリオ

つまりレゴならではの組み立てる楽しさをコース作りで味わいつつ、作ったコースでマリオを走らせてコインを集めるという2つの遊び方ができるというわけです。マリオがどうやって反応しているのかの詳細は今のところ明らかにされていませんが、動画をよく観察するとマリオの背にはBluetoothらしきボタンがあり、また一部のブロックにはRFIDらしきタグのようなものがついているのが分かります。

レゴ スーパーマリオはレゴ社より2020年後半に発売されます。発表時点では価格などは公表されていません。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: blocktoy, gaming, lego, mario, nintendo, supermario, toy
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents