ナノテクにより茶渋がつかない次世代マグカップ「MEISHEN」

GREEN FUNDINGとのコラボ特集です

GREEN FUNDING with Engadget Staff
GREEN FUNDING with Engadget Staff
2020年03月13日, 午前 07:00 in greengadget
102シェア
greenfunding

GREEN FUNDINGでこのプロジェクトを支援する

茶渋がつかないマグカップ「MEISHEN」おすすめポイント

  • ナノ釉掛け(くすりがけ)技術採用で茶渋がつかず、水/お湯のみで洗浄可能

  • コーヒー、紅茶、ワインなどほぼ全ての飲料に対応

  • 茶こし付きで片付けスムーズ

  • 緻密性の高い素材採用で、高い保温性を実現

  • 人間工学デザイン採用の疲れない持ち手

一度ついてしまうと落とすのが面倒な茶渋、、

茶渋は一度ついてしまうと、普通の中性洗剤ではなかなか落としづらいものです。漂白剤を使うという方法もありますが、日々口にするお茶やコーヒーを注ぐカップを漂白剤につけるということに抵抗感をもつ人も少なくないと思います。

インクを使って、マグカップの違いが一目瞭然

MEISHEN(左):内側の色は全然変わりません。

普通のマグカップ(右):内側の色は黒くなりました。

ナノ釉掛け技術採用で茶渋がつかない

マグカップや湯のみなどの陶器類は、粘土、つまり土が主材料のため、吸水性が良く、茶渋などの余分な汚れも付着しやすいという特徴があります。

MEISHENはナノ釉掛け技術を採用で、密度が高いため、表面に液体が付着しにくくなります。吸水性がありませんので、茶渋などの余分な汚れがつきません。

ナノ釉掛け技術を採用で、水またはお湯だけで汚れが取れるためお手入れ楽々!

職人によるハンドメイド

中国三大磁都の一つである徳化県の職人によるハンドメイド、創業13年の騰美工芸品会社がやっており、陶器職人として20年以上のキャリアを持っています。

各細部は、職人による手作業で仕上げされています。

人間工学に基づいた持ち手

人間工学に基づいたデザインで持ちやすく、疲れづらい設計を実現しました。

コーヒー、紅茶などほぼ全ての飲料に対応

お茶のもつ風味を最大限に引き出す茶こし

網目が細かいのでいろんな種のお茶や紅茶でも茶葉は通さないが味を最大限に生かします。

保温性を高めるフタ付属

飲み物の温度を保ち、飲み物がこぼれないよう、便利なフタが付いています。

マグカップ・茶こし・フタの3点セット

製品仕様

素 材:陶磁器

サイズ:ヨコ13cm/タテ8cm

容 量:250ml

カラー:黒、白

リスクとチャンレジについて

※初期不良以外の返品及び返金は基本お受けしておりませんので予めご了承下さい。
※開発中の製品につきましては、デザイン・仕様が一部変更になる可能性もございます。
※ご支援の数が想定を上回った場合、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合がございます。
※本プロジェクトを通して想定を上回る皆様からご支援を頂き、現在進めている環境から量産体制を更に整えることができた場合、正規販売価格が販売予定価格より下がる可能性もございます。
※並行輸入品が発生する可能性があります。個人輸入及び販路によっては防ぐことができない可能性がある点、ご了承願います。
クラウドファンディングの性質上、以上の注意点につきましてあらかじめご理解とご了承いただいた上でご支援くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

スケジュール

2020年3月 プロジェクト開始

2020年4月下旬 プロジェクト終了

2020年6月上旬 発送予定
GREEN FUNDINGでこのプロジェクトを支援する

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

102シェア