楽天モバイル、最大2万800円還元に。新規参入『1年無料』使い放題にスマホ購入キャンペーン追加

Rakuten miniは対象外

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2020年03月13日, 午後 01:10 in rakutenmobile
0シェア
Rakuten
楽天モバイルは、4月8日に開始する自社回線の携帯電話サービスにて、スマホを買うと最大2万800円相当のポイント還元を実施します。

楽天モバイルは月額2980円で全国使い放題というプラン「Rakuten UN-LIMIT」で正式サービスを開始し、「300万人まで1年分の通信料金が無料」というキャンペーンも同時に展開しています。

楽天モバイルは今回に「スマホを買うと最大1万4500円ポイント還元」のキャンペーンを追加で発表しました。

スマホをセット購入した際の還元額は購入する機種によって1万4500ポイントか9500ポイントの2通り。目玉機種の「Rakuten mini」は対象外となっています。キャンペーン発表前にRakuten UN-LIMIT申込とあわせてセット購入した人も還元の対象となります。購入期限は4月30日まで。

Rakuten

楽天モバイルはすでに、事務手数料相当の3300円の還元キャンペーン(終了時期未定)と、オンライン申し込みで3000円相当を還元するキャンペーン(6月30日まで)も実施しており、スマホ購入のキャンペーンとあわせて最大2万800円分の還元が受けられることになります。

ちなみにこの"2万円"の還元額ですが、総務省が大手3キャリアに適用しているガイドラインで示された「通信とスマホのセット割引の上限額」にほぼ水準を揃えたものとなっています。

なお、楽天自社回線エリアが当初の3大都市圏の一部への展開にとどまっており、楽天エリアとなる地域や地下鉄、商業施設などはau網で月2GBまで(容量追加は1GB500円)という制限もあるなど、"使い放題"を謳うには不十分なエリア整備状況と言えます。

一方で、楽天モバイルが販売するスマホはすべてSIMフリーとなっており、他社回線のSIMカードを入れても使えます。

たとえばデュアルSIM対応の「OPPO Reno A 128GB」で片方を楽天SIMで、もう片方を他社MVNOのSIMを使うなどの使い分けをすれば、「楽天エリアでは使い放題、それ以外でも安定した通信」を割安に実現できるかもしれません。


 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: aquos, arrows, galaxy, oppo, rakuten, rakutenmobile, smartphone, Xperia
0シェア