AirPods Pro 天然木ケースの手触りに惚れるも、意外な落とし穴に悪戦苦闘

紙やすりでゴシゴシ磨くことに……

Rintaro Kaneko
Rintaro Kaneko
2020年03月15日, 午後 04:15 in airpods
42シェア
airpodspro leplus wood case review

Appleの完全ワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」はApple製品だけにケースの種類の豊富さも魅力です。筆者も先日AirPods Proを入手した際、個性的なケースを探しもとめて出会ったのがLEPLUSの「天然木ケース」でした。

質感は個性的で満足していますが、一方で大きな落とし穴もありました......。

持ちやすさや触り心地は快適

Apple Storeや都内の家電量販店を巡った末に、お気に入りのケースに出会えなかった筆者は、「天然木ケース」を通販サイト au PAY マーケットで見つけました。価格は2980円(税込)。ちょうど2年契約満期で3000円分の「2年契約更新ギフト券」をもらっていたというタイミングの良さもあって、このケースに決めました。

天然木ケースの触り心地はスベスベした感触で、ポリカーボネート素材のケースなどど比べても、指紋が付きにくいく、程よく丸みを帯びた形も手に馴染んで心地良いと感じます。

airpodspro leplus wood case review▲天然木ケース(左)と AirPods Pro(右)

天然木ケースの厚みは約2〜3mm程度なので、AirPods Proの付属ケースに装着すると、ひと回り大きく感じます。ですが、持ちにくいと感じるほどの厚みや大きさではありません。むしろ個人的には、平べったいAirPods Pro付属ケースよりも、天然木ケースを装着した時の方が手に馴染んで持ちやすいと感じました。

airpodspro leplus wood case review
▲ウォールナットウッド、メイプルウッド、カリンウッド

天然木ケースのカラーはウォールナットウッド、メイプルウッド、カリンウッドの3色展開です。筆者は3色の中でも薄いトーンのメイプルウッドをチョイスしました。

開け閉めへの配慮も◎

質感の良さだけでなく、装着後の使い勝手に関しても評価できることが多いです。ケースのフタにはマグネットが搭載されており、しっかりフタを固定できます。このため、本体が逆さになってもAirPods Proが落ちることはありません。

airpodspro leplus wood case review
▲ケースのフタにはマグネットを搭載

これに加えて、ケースの外側にはカラビナが付いているので、バッグやベルトなどに簡単に取り付けて持ち運ぶことが可能。ケースそのものの落下防止にもつながりそうです。

airpodspro leplus wood case review▲ケース外側にカラビナが付いている

AirPods Proにはペアリングの状態や充電残量を示すステータスランプが搭載されていますが、そのランプの部分はしっかりとくり抜かれているので、ケースを装着したままでも、ランプの状態を確認できます。

airpodspro leplus wood case review
▲ケース中央の小さな穴からステータスランプを確認できる

また、Lightningケーブルを差し込む部分(充電端子穴)についても、同様にくり抜かれており、充電する度にケースから取り出す必要はありません。ちなみにメーカーサイトによると、Apple純正ケーブルがしっかり挿せることを検証済みとのこと。市場に出回っている全てのケーブルで検証したわけではないと思いますが、充電端子穴よりもひと回り大きくくり抜かれているので、端子部が極端に太いケーブルでなければ、問題なく挿せると思います。

airpodspro leplus wood case review▲Lightningケーブルを差し込む部分

このほかにも、ケースを装着したまま、ワイヤレス充電に対応しているため、充電器の上に置くだけで充電できる点もポイントです。筆者が普段使っているQiワイヤレス充電器でも問題なく充電できました。ケースを毎回取り外す手間がかからないので、この点についても評価できます。

airpodspro leplus wood case review▲ワイヤレス充電に対応する

硬い滑り止めにハマってしまう......

残念だったのは、AirPod Proの付属ケースを天然木ケースに固定するための「滑り止め」です。

ケース内部(フタの内側も含む)には滑り止めが貼られています。AirPods Proとの接触面積が広い部分には貼られていません。天然木ケースには本体に貼られた4枚のほかに、交換用として4枚の滑り止めが同梱されています。

airpodspro leplus wood case review▲ケース内部に滑り止めが貼られている

実は、この滑り止めが思いのほか厄介な存在でした。本来であれば、本体の落下防止に大きく貢献するはずの、滑り止めが想像以上に硬く、1度装着したら容易に取り出せなくなり、焦りました。

実用上でも、天然木ケースを装着したままではできない操作もあります。例えば、iPhoneやiPadとAirPods Proを正常に接続できない際、ケースの背面にある設定ボタンを押す必要があります。この天然木ケースには設定ボタンの部分がくり抜かれていないため、設定ボタンを押す際には天然木ケースから AirPods Proの付属ケースを取り出さなくてはなりません。こうした時に容易に取り出せないのでは困ります。

毎日フタの部分に少しずつ力を加えながらちょっとずつ引っ張ってみたところ、3日目にしてようやく取り外すことができました。悲しいことにケースの内側を触ってみると、ケース外側よりもザラつきがあり、AirPods Proの付属ケースの側面に微細な傷が入ってしまいました。

airpodspro leplus wood case review▲ケースの内側はザラつきがある

airpodspro leplus wood case review▲AirPods Pro 本体の側面に微細な傷が入ってしまった

購入後は、ケースの内側をサンドペーパー(紙やすり細目280)で少し磨いてから、装着することをおすすめします。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

42シェア