Galaxy Fold 2(仮称)は今夏登場? Sペンや画面下カメラ搭載のうわさ

これまたハイプライスになりそう

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2020年03月16日, 午前 06:40 in rumor
39シェア
Samsung Galaxy Fold 2

韓国サムスンの次期折りたたみスマートフォン「Galaxy Fold 2(仮称)」について、Sペンの付属やディスプレイ下カメラの搭載、そして7月頃にリリースされるという噂が伝えられています。

韓国語ニュースサイトのajunewsやリークアカウントのMax Weinbachが伝えるところによると、Galaxy Fold 2はコードネーム「Champ」と呼ばれており、また現行モデルの「Galaxy Fold」の7.3インチよりも大きな、7.7インチディスプレイを搭載するとしています。

さらにフロントカメラにも変更が加えられ、ディスプレイの下に配置され普段は見えない機構になるか、あるいはパンチホール式になると指摘されています。どちらにしろ、現行モデル(記事冒頭の画像)のような不格好なフロントカメラのはみ出しはなくなりそうです。また背面カメラに関しては、「Galaxy S20+」に準ずるものが採用されると伝えられています。

さらに本体外部のサブディスプレイに関しても、「Infinity-V」と名付けられた小型ノッチつきの画面を採用。本体にはステンレススチールのフレームとセラミック素材が採用されます。さらに新形状のSペンや超薄型ガラスカバーが採用され、今年の7月頃にローンチされると報じられているのです。

細かなスペックアップや新デザインの採用はさておき、Sペンが採用されるとなると、その性格は「Galaxy Noteシリーズ」の上位モデルという位置づけになりそうです。縦折りスマホ「Galaxy Z Flip」でファッション性をアピールしたサムスンですが、次期Galaxy Foldはハイスペック志向を突き詰めるのかもしれません。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

39シェア