HUAWEI旗艦「Mate 30 Pro 5G」日本投入。初の5G対応SIMフリースマホ・Google Play非対応

5Gでは3キャリアで試験済み

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2020年03月16日, 午前 10:00 in HUAWEI
0シェア
FacebookTwitter
Mate 30 Pro
ファーウェイ・ジャパンは3月16日、フラッグシップスマートフォン「Mate 30 Pro 5G」を日本に投入すると発表しました。ファーウェイ・ジャパンとして5Gに対応する初のスマートフォンで、日本向けにSIMロックフリーで投入される5Gスマートフォンとしても初めての製品となります。

Mate 30 Pro 5Gは昨年秋にドイツ・ミュンヘンで発表されたモデル。ライカブランドの強力なカメラが一番の特長で、背面で存在感を放つメインカメラは広角+超広角+望遠に加えて深度カメラ(ToFセンサー)も搭載するクアッドカメラ仕様となっています。

Mate 30 Pro

その中でも超広角カメラは「シネマカメラ」を称し、40MPの巨大センサーで低照度でのビデオ撮影や、4K/60fpsのハイフレームレート撮影、1920fpsのスーパースローモーションといった前衛的な動画撮影機能を搭載。グローバル版のレビューでもその実力を見せたように、ジンバル無しでも働く強力な手ブレ補正も見どころです。

HUAWEI Mate 30 Pro
HUAWEI Mate 30 Pro

■5Gは3キャリア、4G LTEは楽天含め4キャリアと検証

ファーウェイ・ジャパンによると、Mate 30 Pro 5Gでは、モバイル通信の互換性テスト、いわゆる相互接続性試験(IOT)を日本の主要キャリアすべてと実施したとしています。SIMフリースマホではこのIOTを通さずに販売されている製品もありますが、IOTを通過することで各キャリアでデータ通信や通話サービスを確実に使える"お墨付き"を得ることができます。

HUAWEI Mate 30 Pro

5Gでは3月よりスタート予定のNTTドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアと実施。4G LTEではこの3者に楽天モバイルを加えた4キャリアで接続性能が確認しています。5Gで対応する周波数帯(バンド)も日本や中国で使われている主要なものはすべて利用できるとしています。

また、日本向け製品では5Gと4G LTEのデュアルSIMに対応。片方は5GのSIMを挿して、片方は4G LTEのSIMを挿すという組み合わせで使えます。なお、音声通話についてはそもそも5G向けの規格がまだ整備されていないため、VoLTE(4G LTE)のみの対応となっています。

HUAWEI Mate 30 Pro

■Google PlayやGmailには非対応

ファーウェイが米中貿易戦争のあおりを受けて米国企業との取引を禁じられている関係から、このスマホではAndroidではありながらも、Google Playなどグーグルが提供するアプリ・サービスには非対応となっています。

アプリストアのGoogle PlayやブラウザーのGoogle Chrome、メーラーのGmailなどのアプリ群はまとめて「GMS(Google Mobile Service)」と呼ばれますが、ファーウェイは米国による制裁によってこのGMSを搭載できなくなっています。

そのためファーウェイは自社製のアプリ群「HMS(HUAWEI Mobile Service)」を充実させる方針を示しており、その中で自前のアプリストアHUAWEI AppGalleryを展開しています。AppGalleryを充実させるために世界中の開発者を支援していることなどはこれまでの発表会でもアピールされているものの、現状で利用できるアプリのラインナップはGoogle Playには遠く及ばないものとみられます。日本で利用されているアプリとしては、LINEやTwitter、TikTok、Operaなどは利用できるようです。 (訂正 2020/3/16 10:29) LINEとTwitterについては利用できないことを確認しました

HUAWEI Mate 30 Pro

このHUAWEI AppGalleryでは、インストールせずに使えるアプリ「HUAWEI QuickApp」(Google PlayのInstant Apps的なもの)の充実もはかっており、日本向けアプリには乗換NAVITIMEなどがインストールせずに使えます。

HUAWEI Mate 30 Pro

なお、Google Play以外のアプリストアをインストールするという方法もあり、たとえばAmazon アプリストアをインストールしてそこで配信されているアプリでAppGalleryのラインナップを補うという使い方も可能です。

■主なスペック

日本向けに投入されるカラーは「オレンジ」の1色で、ヴィーガンレザーとも呼ばれる合皮素材を背面に用いています。ボディは防水性能を持ち、大きさは約158.1×73.1×9.5mm、重さは約198g。

Mate 30 Pro
_
6.5インチの有機ELディスプレイを搭載。解像度はフルHD+(2400×1176ドット)となっています。前世代モデルMate 20 Proと比べると、画面サイズでは0.21インチ大型化したものの、解像度は逆に下がっています。

HUAWEI Mate 30 Pro

チップセットは傘下企業ハイシリコン製の「Kirin 990」を搭載。2.28GHz駆動の2コアを中心としたオクタコア(8コア)チップで、7nm設計でAI処理性能を大幅に高めたとアピールされています。

メモリ(RAM)は8GB、ストレージ(ROM)は256GBとフラッグシップモデルとしては不足のない容量。microSDカードスロットはありませんが、SIMスロットの1つに独自規格のストレージ「nmカード」を挿入して代わりとすることもできます。

OSはAndroid 10がベースで、ファーウェイのカスタムUI「EMUI 10」を搭載。ユニークな独自機能としては、スマホを観ている人の状態をAI認識して、寝ている時には画面を傾けないようにする「AI Auto-Rotate」や、顔認識でプライベート通知を表示した後、他の人が覗き込んだら隠すといった機能も盛り込まれています。

バッテリー容量は4500mAh。40Wの高速充電と、前世代モデルより高速化したワイヤレス充電が利用可能できます。このモデルの発売にあわせて、ワイヤレスチャージャーがオプション品として発売されます。

HUAWEI Mate 30 Pro

■当初は抽選先行販売

想定価格は12万8800円(税抜)と、Google Play非対応というネックにもかかわらず強気とも言える価格設定。

HUAWEI Mate 30 Pro

当初は先行販売として、ファーウェイ公式サイトから抽選で100名に購入権が提供されます。申込期間は3月16日〜25日。当選者は東京・銀座と大阪・梅田にある「ファーウェイカスタマーサービスセンター」で受け渡し期間中に受け取る必要があります。

先行販売期間の購入者は、1万円分の値引きが受けられ、ワイヤレスイヤホン「HUAWEI FreeBuds 3」と27Wのワイヤレス充電器「HUAWEI SuperCharge Wireless Charger」もプレゼントされます。

一般販売は4月中旬に開始予定。量販店での販売はHUAWEI Shopがあるヨドバシカメラ(Akiba、梅田、横浜)とビックカメラ(新宿東口店)に限定で、オンライン通販は楽天市場とPayPayモールのファーウェイ直営店で取り扱われます。なお、一般販売時には限定数の設定はないとしています。

関連:「HUAWEI Mate 30 Pro」発表。第2世代5G+映画級4カメラの猛烈なフラッグシップ

関連:「Mate 30 Pro」のクアッドカメラを試す。衝撃的な動画性能

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Android, Camera, GMS, Google, HMS, HUAWEI, Leica, mate30, Mate30Pro, mobile, smartphone, Tradewar
0シェア
FacebookTwitter