engadget
厚生労働省は、新型コロナウイルスの小規模な患者集団「クラスター」の発生状況を可視化した全国マップを公開しました。現時点で15のクラスターが確認されています。

厚労省によると、感染者は多くの事例で周囲の人に感染させていません。一方で、特定の人から多くの人に感染が拡大したと疑われる事例が存在し、一部の地域で小規模な患者集団(クラスター)が発生しているとのこと。

engadget

engadget

engadget

この「クラスター」発生の端緒を捉え、早期に対策を講じることで、今後の感染拡大の防止に有効であるとしています。