JAXA公認の火星衛星探査計画(MMX)ピアスが宇宙ファン感激の仕上がり

MMX応援団長に話を聞く

弓月ひろみ(Hiromi Yuzuki)
弓月ひろみ(Hiromi Yuzuki)
2020年03月16日, 午後 05:30 in mars
141シェア
スター・ウォーズやスタートレックをはじめとする映画や漫画、アニメなどの物語では宇宙の出来事をよく見ている私達。でも、自分が住む地球があるリアル宇宙に触れる機会はあまりないのではないでしょうか。

2020年3月3日、そんな宇宙に想いを馳せられるアクセサリーブランドが誕生しました。その名も「Uchury(ウチュリー)」

Uchuly
▲フォボスとダイモスのピアス。シルバーとゴールドの2色展開

特に注目したいのは、JAXAの火星衛星探査計画、通称MMX(Martian Moons eXploration)にまつわるデザインを採用したフォボスとダイモスのピアスです。

Uchuly
探査機画像提供 : JAXA

これらは火星の月とも呼ばれる2つの衛星を模った製品。アクセサリーとしてのクオリティが高く、パッと見では宇宙関連グッズだとわかりません。特筆すべきはクレーターの再現度で、さりげないながらも宇宙ファンが感激する仕上がりとなっています。しかもこれらはJAXA許諾の証である、COSMODEマーク付き商品です。

Uchuly
▲パッケージの裏にはJAXA許諾の証が刻まれている

ところでMMXとは一体どんなプロジェクトなのでしょうか。趣味でMMX応援団長を始めたという"宇宙キャスタ-・星空準案内人"の榎本麗美さんにお話を伺いました。

Uchuly
▲宇宙キャスタ-・星空準案内人の榎本麗美さん

──フォボスとダイモスは、この計画の中でどのような意味を持つ衛星なんでしょうか。

榎本さん:「MMXは、火星衛星の起源や火星圏の進化の過程を明らかにすることを目的としたJAXAの火星探査計画で、2024年の探査機打上げを目指して開発が進められています。探査機は、火星が持つ2つの衛星のうちの1つであるフォボスを観測後、そこへ着陸しサンプルを採取。その後、ダイモスを観測し、地球に帰還します。つまりサンプルリターンを行うのが目的です。」

──まさにこの計画の主役とも言える存在なんですね。

榎本さん:「そうなんです。大きい方がフォボス、小さいほうがダイモスですが、実は当初、どちらに着陸するか決まっていませんでした。それが今年の2月19日、フォボスのほうに探査機を着陸させることが発表され、火星衛星探査計画が本格的に始動しました。」

──しかし、現状では、あまり知られていない計画だともお聞きしました。

榎本さん:「そうなんです。とてもロマン溢れるプロジェクトなのに、認知度がまだまだ低いのが現状です。だからこそまず、色々な人に"宇宙"への興味を持ってもらう事が大切だと考えています。そしてぜひ、プロジェクトを応援して頂きたいのです。というのも、日本の宇宙開発や宇宙ビジネスはJAXA含め、予算がない中で必死に頑張っている状況です。日本の宇宙開発予算は、約1800億円。一見、莫大な金額に見えますが、米国では2兆円,欧州では6000億円規模くらいでしょうか。比較するとその違いは明らかです。国家予算を動かすために必要なのは世論といっても過言ではないのです。宇宙開発にもっと資金が必要だ! と皆さんが思ってくれることによって、資金調達ができる様になります。まずは興味を持ってくれる方が増えることが大切なんです。」

──MMXは、以前話題になった小惑星探査機はやぶさのように、これから一気に話題になっていくのでしょうか。

榎本さん:「絶対に話題になります。実は、世界的にも、"火星"が熱いんです。今年はアメリカのNASAでも火星へ探査車を送る計画があり、2024年に予定されている有人月飛行計画のアルテミスでは火星に行くことが目標になっています。日本では、このMMX探査機を2024年に打ち上げることで、翌2025年には探査機が火星圏に到着している予定になります。そこで、大阪万博でパブリックビューイングをしてMMXを応援しようという話が出ているんですよ。火星の映像が生中継で見られるなんて、ワクワクしませんか? 人類は、もう火星圏を目指しているんです。今からぜひMMXを応援して、一緒にパブリックビューイングで盛り上がりましょう!」


榎本さんはMMXにかなり興奮の様子でした。いずれにせよGPSや天気予報、空気清浄機など、今や私たちの日常になくてはならない技術の多くは元々、宇宙開発から応用されたもの。普段身につけるアクセサリーから未来の技術を応援できるのは夢がありますね。

Uchuly
Uchuly
Uchuly

Uchuryには、フォボス・ダイモスのデザインのほか、オリオン座を模したピアスやキーホルダー、ラザフォードの原子模型ネックレスなど、マニアには堪らないアクセサリーが揃っています。

宇宙好きなアナタ、そして、テクノロジーの未来を応援するなら宇宙! と感じたアナタ、普段使いだけでなくプレゼントにもおすすめです。

Uchuly
▲ユニセックスに使えるのでギフトにも最適

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

141シェア