today10万円でも安いといわれていた時代に、6万9980円という価格で登場したことで注目されたのがデルの「P2815Q」。

この4K液晶ディスプレイが発売されたのが、2014年の今日です。4K液晶は画素数がフルHDの4倍となるためパネルもコントローラーもコストが高く、高価で手を出しにくい存在でしたが、一気に身近なものとしてくれたのがこの製品。サイズは28インチとやや小さめですが、DP×2とHDMIを備え、さらにUSB3.0ハブまで内蔵するという、使い勝手のいいものでした。

ただし、4K時のリフレッシュレートは30Hz。チラツキが気になる人にはやや厳しいものがあります。また、パネルがTNとなるため視野角が狭く、とくに上下の色変化が激しいというのが気になりますね。


ある程度割り切った仕様となっているものの、それでも7万円切りという価格は他にはない魅力でした。

3月18日のおもなできごと

2014年、XYZプリンティングが「ダヴィンチ 1.0」を発売
2014年、デルが4K液晶ディスプレー「P2815Q」を発売
2016年、ASUSが「ZenFone Max」(ZC550KL)を発売
2016年、auが「mamorino Watch」を発売
2016年、リコーが「RICOH WG-M2」を発売