日本郵便、ドローン配達を試験運用。東京奥多摩で3日間

業務の効率化を図りたい考え

Rintaro Kaneko
Rintaro Kaneko
2020年03月17日, 午後 04:20 in drone
221シェア

engadget
日本郵便は、3月17日〜19日まで小型ドローンを使った郵便物の配送を試行すると発表しました。中山間地域の配送先に、自律制御システム研究所のドローン「ACSL-PF2」を使い、郵便物や荷物を届けます。

飛行区間は、奥多摩郵便局(東京都西多摩郡奥多摩町氷川1379-6)配達区内で、奥多摩郵便局と配達先を9時から15時の間に1日1往復します。積載できるのは1.7kg以内の荷物で、地上30~140mの高さを時速36km以下の速度で飛行します。

同社によると、人手不足の懸念が強まっており、ドローンを使った郵便配達を行うことで、業務の効率化を図りたい考えです。また、ドローンによる郵便配達は、人との接触を避けられるため、配達員や受取人が新型コロナウイルスに感染することを防ぐことにも役立ちそうです。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

221シェア

Sponsored Contents