速報:ドコモ5G 3月25日スタート、月7650円ギガホで「データ量無制限キャンペーン」

ギガライトも用意

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2020年03月18日, 午前 11:12 in 5G
0シェア
FacebookTwitter
ドコモ 5G
NTTドコモは、3月25日に次世代モバイル通信「5G」の商用サービスを開始すると発表しました。

当初は「5Gギガホ」「5Gギガライト」の2プランが用意され、5Gギガホについてはキャンペーンとして当面の間、「月間の通信容量が無制限」で提供されます。

5Gギガホは通話基本料とデータ定額込みで月額7650円。複数回線割の「みんなドコモ割」、固定回線セット割の「ドコモ光セット割」、dカード利用で170円引きの「dカードお支払い割」などが用意され、契約開始から6カ月は1000円引きのキャンペーンも展開します。これらをすべて適用した最安の料金は月4480円となります。

5Gギガホは通常、月間100GBまでの容量設定がありますが、キャンペーンとして当面は容量無制限となっています。NTTドコモの吉澤社長は「ネットワーク設備などへの影響を見定めるため、当初はキャンペーンとしている。取りやめるか正式プラン化するかは影響によって判断したい」と話しました。

5Gギガライトは最大月7GBまでの段階制プランで、最安は1GBまで2980円。上限は月7GBまでで5980円となっています。

ドコモ

スタート時点での5G基地局はサブ6帯のみで150カ所500局。2020年6月までに全都道府県に展開。2021年3月末までに500都市で展開します。その後も基地局設置のペースを速め、21年6月までに1万基地局、22年3月末までに2万基地局を目指します。

ドコモ 5G

5Gでは大きく2種類の周波数帯に分類できますが、サービス開始時点では従来のLTE周波数に近い「サブ6」の周波数のみで展開。ミリ波帯は少し遅れて6月からのスタートとなります。サブ6の周波数帯の最大速度は下り3.4Gbps、上り182Mbps。ミリ波帯は下り4.1Gbps。上り480Mbpsです。

関連:ドコモが5Gスマホ発表、Xperia 1 II・arrows 5Gなど7機種。4G含め13機種追加

関連:ドコモ、5Gが使えるスポット一覧を公開、「5G提供エリアは当初限定的」と注意書き

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 5G, docomo, nttdocomo, mobile
0シェア
FacebookTwitter