Galaxy S20/S20+
NTTドコモは5Gサービスの対応機種として、「Galaxy S20+ 5G Olympic Games Edition」を発表しました。発売は6月下旬となる見込みです。

携帯キャリアのNTTドコモとスマートフォンメーカーのサムスン電子がどちらも東京オリンピックのオフィシャルパートナー(スポンサー)という縁から実現したこのモデル。

2月にサムスンから「東京オリンピックの選手や関係者に配布するスマホ」として発表されていますが、今回ドコモがコンテンツなどを追加して一般販売を行うことになりました。製造数に特に制限は設けず、ドコモの他のスマホと同様の扱いで幅広く販売されます。

外観ではドコモやGalaxyのロゴに加えて、東京オリンピックのシンボルマークがあしらわれています。ただし、コンテンツは東京オリンピックをテーマとしたものがプリセットされ、オリンピック観戦をより盛り上げる端末になっています。

Galaxy S20/S20+

製品の仕様としてはGalaxy S20+とまったく同じ。国内向けのモデルなのでおサイフケータイ(FeliCa)にも対応します。

ただし、このモデルならではの見どころは背面のデザインにあります。ドコモ版Galaxy S20+では左側中央やや下という微妙な位置にあるFeliCaリーダーを示すマークは、このモデルではソフトウェア表示で対応するため省略されています。

また、ドコモの5Gスマホには「docomo 5G」のロゴがプリントされますが、このモデルではNTT docomoのロゴになっています。おそらくオリンピックのシンボルマーク利用のルールにあわせたロゴ配置を行っているものと思われますが、結果的にすっきりとしたデザインになっています。

docomo Galaxy S20/S20+
Galaxy S20/S20+
Galaxy S20/S20+

なお、ドコモは昨年2019年にも「Galaxy S10+」の東京オリンピック限定モデルを販売しています。