engadget
JFEスチールとKDDIは、JFEスチール東日本製鉄所(千葉県)に「5G」を用いたソリューションを2020年4月に導入します。

5Gは「第5世代移動体通信システム」のことで「大容量」「超低遅延」「超多接続」が特徴です。商用サービスは今月末より始まります。

今回はこのうち「大容量」という特徴を活用。工場内にKDDIの5G基地局と高精細ITVカメラを設置し、カメラで撮影した4K映像を5Gで伝送することで、蓄積される映像と各種トレンドを同期化して分析できる仕組みを構築します。

映像は管制室の4Kモニタからリアルタイムで確認可能。次に予定する第2弾では、映像と各種トレンドを踏まえたAIによる各種品質判定の実施も目指します。

JFEスチールによると、今後は他工場・他事業所への水平展開や、CPS(サイバー・フィジカル・システム)を高度化するためのインフラとして、5Gの活用を検討・推進するとしています。