ドコモ 5GにもLGの2画面化スマホ「V60 ThinQ 5G」投入

5Gプレサービスでもお馴染み

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2020年03月18日, 午前 11:00 in docomo
0シェア
FacebookTwitter
ドコモ LG
NTTドコモの5Gサービス開始にあわせて、LGの2画面化スマホこと「LG V60 ThinQ 5G」が投入されます。ドコモ型番付きの名称は「LG V60 ThinQ 5G L-51A」。

このスマホの最大の特徴は、ケースを装着すると2画面スマホになること。2画面で2つのアプリを同時に起動したり、複数の画面表示を活用したアプリを動かしたりできます。同モデルはソフトバンクでも5G対応スマホとして採用されていますが、ドコモ版にはドコモオンラインショップ限定カラーとしてクラッシーホワイトも用意されます。

ドコモ LG

ドコモでは5Gプレサービスの時点でLG製の2画面スマホ(前世代モデル)を採用し、スポーツやアイドルライブの多視点鑑賞やAR観光案内のデモンストレーションなどに活用していました。その流れから商用サービス第1弾のモデルとして採用されたのも不自然ではありません。

V60 ThinQ 5Gにはマルチタスク利用のほかに2画面目をゲームコントローラーとして(ニンテンドーDSのように)使う機能も存在します。単体でも6.8インチディスプレイのハイスペックスマホとして利用できる点も特徴です。スペックなど製品の詳細は海外発表時の記事などもご覧ください。

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: 5g, docomo, lg, mobile, smartphone, ThinQ
0シェア
FacebookTwitter