新興EVメーカーのAPEXが電動スポーツカー「AP-0」を発表。ARディスプレイやLiDARも搭載

価格は約2000万円

Hirokazu Kusakabe
Hirokazu Kusakabe
2020年03月18日, 午後 12:50 in ElectricCar
0シェア
FacebookTwitter
APEX AP-0また新たな電動スポーツカーがロンドンで発表されました。2018年にジェイソンとゲイリーのレオン兄弟によって英国で設立されたAPEXという新興企業は、「AP-0」と呼ばれるこのクルマを、2022年に発売する予定です。カーボンファイバーで作られたボディのデザインを担当したのは、英国人のガイ・コルボーン氏。王立美術院出身の同氏は、これまでGMやフォードで数々の自動車デザインを手掛けてきました。

APEX AP-0

フロントから取り込んだ空気は、フラットな車体のフロア下を通り抜け、前輪後方と後部の巨大なディフューザーから勢いよく排出されます。この構造によってグランドエフェクトが発生し、高速コーナリング時に車体を路面に張り付かせることができるため、空気抵抗となるリアスポイラーの類は不要になったと、APEXは説明します。その効果は公道よりもサーキットで発揮されることでしょう。

水滴型のガラスで囲まれたコクピットの後方には、F1マシンやル・マンを走るレーシングカーから影響を受けたというフィンが伸び、その後端は大きな赤い十字を描くテールライトにつながります。AP-0のデザインについて、APEXは「伝統的なタッチと未来的な要素がシームレスにブレンドされている」と述べています。

APEX AP-0

軽量なカーボンファイバー製モノコックとアルミニウム製フレームを組み合わせた車体の重量はわずか1200kg。そのうち550kgは容量90kWhのリチウムイオン・バッテリーの重量です。電気モーターは後部に1基だけ。最高出力484kW(658ps)と最大トルク580Nmを発生し、後輪のみを駆動します。0-100km/h加速は2.3秒。最高速度は306km/h。そして1度の充電で走行可能な距離は、WLTPモードで最大515kmと発表されています。DC急速充電を使えば、バッテリー容量の80%まで15分。AC電源では8時間で充電が完了します。

APEX AP-0

車両サイズは、全長4380mm × 全幅2017mm × 全高1224mmと、見た目の印象どおり、低くて短くてワイド。最低地上高は95mmですが、プッシュロッド式サスペンションには自動車高調整機能が備わります。サーキットでは路面に張り付くように低く、そして公道ではノーズやフロアを(それほど)擦らないように高くすることが可能です。

ホイールベース2650mmとトレッド1935mmという数値は、運動性と安定性を熟考して決定したと、APEXは説明します。前輪は19インチのホイールに幅245mmのタイヤを装着。強大な駆動力を受け止める後輪は20インチと一回り大径で、タイヤの幅も305mmと太くなります。

APEX AP-0

ルーフの中央にはLiDARセンサーを搭載。周囲の車両や歩行者および自転車、死角に潜む危険を検知するだけでなく、現在の車両周囲の様子を高精細3D画像としてリアルタイムに描き出します。アクセルとブレーキ、ステアリングを自動制御するレベル3の自動運転機能(走行中にドライバーがステアリングから手を離すことができる)を備えますが、無線アップデートによって将来的にはレベル4の自動運転(特定の場所ではシステムがすべての運転を制御)にも対応可能とのこと。

APEX AP-0

ドライバーの眼前にはホログラムによるARディスプレイが装備されており、APEXによると「ARレース・インストラクター」という機能が利用できるそうです。それが具体的にどういうものなのか、同社は詳細を明らかにしていませんが、おそらくフロントガラスを通して見える現実のコースに、レースゲームのように理想的な走行ラインやブレーキングポイントを重ねて表示し、サーキット走行におけるドライバーの運転をサポートするのではないかと推測されます。

なお、APEXは粤港澳大湾区の香港近郊にFIA公認サーキットやレーシング・アカデミーの設立も計画しており、これらを将来の新型モデルの開発に役立てるとしています。

APEX AP-0

価格は15万ポンド(約2000万円)から。生産は英国の工場で2022年第4四半期から始まる予定。現代のEVの開発速度を思えばだいぶ先の話に思えます。ちなみにこのクルマが市場に出る頃には、すでに発売されている(はずの)テスラの新型「ロードスター」は、0-100km/h加速2.1秒、最高速度400km/h以上、航続距離1000kmと、性能はAP-0をはるかに上回り、乗車人数も駆動輪も2倍。しかも2年ほど早く発売される予定です。価格は20万ドル(約2130万円)からと少しだけ高いですが、このクラスのクルマを購入できる人達が気にするほどの差ではないでしょう。

ただ、サーキットや山道で運転すれば、軽くて後輪駆動のAP-0の方が楽しいと感じる人も多いかもしれません。また、テスラがたくさん売れたら、それだけで別のクルマを選びたくなるという、高級スポーツカーの顧客にありがちな心情も、APEXにとって追い風となり得ます。"コスパ"では決められないのが、スポーツカー選びの面白いところ。それはきっと、エンジンがモーターになっても変わらないはずです。

Gallery: APEX AP-0 | of 12 Photos

  • APEX AP-0
    APEX AP-0
    Image Credit: APEX
  • APEX AP-0
    APEX AP-0
    Image Credit: APEX
  • APEX AP-0
    APEX AP-0
    Image Credit: APEX
  • APEX AP-0
    APEX AP-0
    Image Credit: APEX
  • APEX AP-0
    APEX AP-0
    Image Credit: APEX
  • APEX AP-0
    APEX AP-0
    Image Credit: APEX
  • APEX AP-0
    APEX AP-0
    Image Credit: APEX
  • APEX AP-0
    APEX AP-0
    Image Credit: APEX
  • APEX AP-0
    APEX AP-0
    Image Credit: APEX
  • APEX AP-0
    APEX AP-0
    Image Credit: APEX
  • APEX AP-0
    APEX AP-0
    Image Credit: APEX
  • APEX AP-0
    APEX AP-0
    Image Credit: APEX


 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: car, electric vehicle, ElectricCar, ElectricVehicle, ev, gear
0シェア
FacebookTwitter