Facebook、新型コロナの影響を受ける中小企業に100億円規模の経済支援を発表

従業員には1000ドルのボーナスも

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年03月19日, 午前 08:50 in business
35シェア
Facebook
世界中で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が広がっており、Facebookを含めたソーシャルメディア、ネットメディアはこれまで、デマの拡散防止などに努めてきました。しかし、その影響が長引くにつれ、個人はもちろん、中小企業などでも経済的な問題が顕在化してきています。このためFacebookは、直接的な経済支援を行う「Facebook Small Business Grants Program」を開始すると発表しました。

Facebookが事業展開している30か国以上で、最大3万社の中小企業に対して、総額1億ドル(約107億円)の投資を現金や広告クレジットとして行うとのこと。具体的な手続きなど、詳細はわかり次第共有するとしており、数週間以内に申請が開始される予定です。また、新型コロナウイルス関連の情報にアクセスしやすくし、ビジネスをサポートする目的のビジネスハブも立ち上げられています。

このほか、CNBCの報道によると、Facebookの従業員を支援するため、1000ドルのボーナスが支給されます。Facebookは約45000人のフルタイム従業員と数千人の契約労働者を雇用しているとのことですが、この契約労働者に対してもボーナスが支払われるのかは不明です。

こうしたサービスや経済支援に乗り出している企業はFacebookだけではなく、たとえばUber Eatsは米国・カナダの個人レストランで配送料を免除したり、Amazonも従業員の時給を一時的にアップする措置を行っています。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

35シェア