iOS/iPadOS 13.4GMが開発者向けにリリース。iCloudフォルダ共有がようやく実現

メールアプリで「返信」と「削除」アイコンが遠ざけられました

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年03月19日, 午後 12:30 in iphone
62シェア
ipad
アップルは18日(米現地時間)、開発者向けにiOS 13.4およびiPadOS 13.4GMをリリースしました。GMとは開発の最終版を示す用語であり、一般的には正規配信版とほぼ同じ内容となっています。

iOS 13.4およびiPadOS 13.4は、iOS 13/iPadOS 13(昨年9月リリース)のメジャーアップデートです。このうちiPadOSではトラックパッドやマウスの正式サポートが発表済みですが、他にもいくつかの重要な新機能が追加されています。まず「メール」アプリでは、ツールバーのデザインが変更されています。米MacRumorsによるとiOS 13ではユーザーから苦情があったとのことで、これを受けて返信アイコンがゴミ箱アイコンから遠ざけられ、メールをうっかり削除する手違いが起こりにくくなっています。またフォルダアイコンや、新規メッセージ作成アイコンも追加されています。
ios

さらに昨年6月のWWDCにて予告していたiCloudフォルダ共有機能が、ようやく実装されました。これはiOS 13のリリース時には間に合わず、ひそやかに「来春に登場」として延期されていたものです。本機能では特定のフォルダにアクセス権を持つ全ユーザーのデバイス間で、ファイルの変更がリアルタイムに同期されます。

ios

そして、9つのアニ文字およびミー文字も追加されます。ショックを受けた顔、懺悔の神......もとい両腕をクロスして胸の前でバツ、鼻息が荒かったりハートが飛んでいたりといった絵文字が利用できます。

ios

また細かなところでは、SafariのURLリンクがテキスト選択状態でもすぐにタップできるようになりました。これまでのiOSでは、先に選択されたテキストの外をタップして選択を解除する必要がありましたが、こうした手間がなくなります。

さらに「TV」アプリでは「ミュージック」と同様に、ダウンロードにモバイル通信を使うか、Wi-Fi接続時のみにするかのオプションも追加されました。この点に関しては、むしろデータサイズが大きな動画アプリでこの設定がなかったことが少し意外です。

ios

それに加えて予告されていたユニバーサル購入も追加され、一度の購入でiPhone以外のmacOSやtVOSアプリも購入できる(まとめ割引もできる)ようになります。先日アップルが公式に発表した首掛けBluetoothイヤホンPowerbeats(発表前は「Powerbeats4と仮称されていた)もサポートされ、すべての機能が利用できる見通しです

iOS 13.4およびiPadOS 13.4は米現地時間で3月24日、おそらく日本時間では25日の午前2時頃にリリースされる予定です。正規リリースの際は、改めて弊誌でも紹介する予定です。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

62シェア