Macbook Air
Appleが新MacBook Airを発表しました。第10世代Intel Core i3 / i5 / i7を搭載し、基本ストレージ容量が256GBに倍増。そして16インチMacBook Proで採用された、新しいMagic Keyboardを搭載するのが大きな変更点です。価格が10万4800円からと値下げされているのもポイントです。

まずCPUですが、従来の第8世代Core i5から、第10世代Core i3 / i5 / i7に更新されました。前モデルと比較し、最大で2倍のパフォーマンスを発揮するとしています。また、プロセッサの更新に伴い、グラフィックもIntel Iris Plus Graphicsに変更。グラフィックの処理能力も最大で80%速くなったとのことです。

既存ユーザーがもっとも気になるのは、キーボードの更新かもしれません。新MacBook Airには、16インチMacBook Proと同じ、シザー方式のMagic Keyboardが搭載されています。1mmのキーストロークを確保し、もちろんバックライトも搭載しています。

MacBook Air

ストレージは基本構成が256GBになり、オプションで512GB/1TB/2TBに変更可能。メモリは8GB 3,733MHz LPDDR4Xで16GBに変更可能となっています。

カラーは変わらず、ゴールド、スペースグレイ、シルバーの3色。オンラインストアではすでに販売が開始されており、店頭販売は来週から開始予定とのことです。