Camera Go
Googleが、新興国などで多く使われている低スペックなAndroid(Go Edition)向けの軽量カメラアプリ「Camera Go」を発表しました。

従来のカメラアプリは、高性能で機能豊富な反面、Android Go端末で使うには、操作が複雑で動作も重く、またスマートフォンのストレージをすぐに使い果たしてしまう可能性があったとのこと。

これに対してCamera Goは、スマートフォンを初めて使う人に向けて、クリーンでシンプルなインターフェースを備えているとのこと。また、軽量だからと言って機能が少ないわけではなく、ポートレートモードなどは通常アプリと変わらずに利用可能です。

また、写真や動画の撮影時にストレージ不足とならないよう、端末のストレージを監視する機能も備えるとのことです。



Camera Goは、HMD Globalが3月19日(現地時間)に発表した新端末、Nokia 1.3以降のAndroid Go端末で利用可能になるとのこと。Google GoやGallery Goなど、他のGo端末向け軽量アプリ同様に、Android Go以外でもインストール可能になるかもしれません。