MacBook Air 2020米国時間2020年3月18日に発表されたAppleのポータブル型Mac、MacBook Air(Early 2020)のレビューをお届けします。

筆者がレビューするのは、最も価格の安いベースモデル。この原稿も、1.1GHzデュアルコアIntel Core i3プロセッサと、256GBストレージ、8GBメモリを搭載するモデルで書いていきたいと思います。ベースモデルだからこそなおさら、個人的ホットトピックであるキーボードに焦点が当たります。

選択肢がある

2019年モデルのMacBook Airは、2018年モデルと同様、第8世代Intel Coreプロセッサを搭載しており、1.6GHzのクロックスピード1つしか選択肢がありませんでした。MacBook Airは入門機と言っても、これだけで十分仕事を完結させられる実力を持っており、長く使うならより早いプロセッサを選択しておこう、という人も少なくありませんでした。しかしRetina化されたMacBook Airは、そうしたメインマシン化したいヒトのニーズを取りこぼしていました。

でも今回は違います。1.1GHzデュアルコアのCore i3に加え、1.1GHzクアッドコアのCore i5、さらに1.2GHzクアッドコア Core i7プロセッサまで選択可能です。気に入って長く使いそうと言う人は、プロセッサをアップグレードしても良さそうです。

では、1.1GHzデュアルコアIntel Core i3搭載のベースモデルではダメなのか?といわれると、そうではありません。

実際、この原稿を含め、今回何本か執筆しているMacBook Airの記事を全て、新しいMacBook Airで書き、写真を編集し、ビデオをまとめていますが、問題なく仕事をこなせたという印象でした。

それでいて、2020年モデルのベース価格は9万3800円(税抜以下同じ)。2019年モデルのMacBook Airは128GBストレージを搭載して11万9800円、256GBストレージに拡張すると13万9800円となることから、実質4万6000円の値下げと言っても良さそうです。

デスクトップマシンがある人にとってのサブ機として、高校や大学に入る人が在学中使い倒すマシンとして(アカデミックは更に11000円安い!)、そしてリモートワークのために家に快適なパソコンが1台欲しいという人にとっても、MacBook Airのベースモデルは良い選択肢となります。

Magic Keyboard搭載

MacBook Air 2020
個人的に、今回のMacBook Airで最も注目すべき点は、スペックでも、0.5mm厚くなったことでもありません。いや、厚くなったことには関連するのですが、キーボードがバタフライ構造からシザー構造へ変更となり、MacBook Pro 16インチモデルと同じ「Magic Keyboard」の名が与えられたことです。

2017年までのMacBook Airを使ってきた人は、バタフライキーのせいで買い換えられないと言っていた人もいたくらい。2015年のMacBook以来、薄型化を追究するために搭載された新しいキーボードは不人気でした。個人的には、そこまで嫌いではなかったのですが、不具合が出やすい点はいただけません。

新しくなったMacBook AirのMagic Keyboardで入力してみると、「やっぱりこちらの方が最適」という感想以外浮かばなくなりました。

こういう言い方は悪いのですが、MacBook AirにMagic Keyboardがついたというより、Magic Keyboardにコンピュータがついた、という受け止め方を、私はしてしまいます。それだけ、普段の仕事がまだまだキーボード中心だったし、快適なキーボードを持ち運べるようになったことを、素直に喜びたいのです。

忍び指でも、怒りにまかせて打ち抜いても

さて、打ち心地について、できるだけ言葉で表現してみようと思います。

ホームポジションに指を置いてタイピングを始めると、それまでのバタフライキーボードでは感じられなかった深さがあることが分かります。この深さが、タイピングのムラから発生する私のミスタイプのクセを軽減してくれる、という感覚があります。

弱めの力と少ない上下動で、忍者のように静かにタイピングをする忍び足ならぬ「忍び指」。個人的にはこの方法が一番スピードが出る打ち方です。Magic Keyboardで忍び指で入力していくと、Apple独自に作ったというラバードームの反発力を感じ、「もう力を抜いていい」というタイミングを簡単に把握できます。

バタフライキーボードの頃は、すぐ底に到達してしまい、なぞる感覚を心得なければ、力が余ってテンポが悪くなってしまっていました。

また、こんなこと、時々ありますよね。調子が良い時、本当は指の上下動が大きく効率が悪いけれど、少し弾み気味でタイピングしてみたくなるとき。あるいはメールやメッセージ、チャットなどで派手に怒りを込めて打ち抜くEnterキー...。

先ほどの忍び指と違ってパワーをかけるタイピングの際にも、深さがあるおかげですぐに跳ね返されずにすみ、次の運指に向けた準備を整えてくれます。やはり、0.55mmから1mmになったキーの深さのおかげで、Magic Keyboardはいろいろな打鍵にきちんと対応してくれるようになった印象です。

しかし2017年までの以前のMacBook Airのキーボードと比べると、キートップは1辺0.5mmほど広くなっており、多祥ポジションがずれてきても安定した入力を行うことができます。

ちらつくiPad Pro + Magic Keyboardだが...

Apple

さて、キーボードが大好きな私からすると、今回のAppleの発表は「Magic Keyboard祭り」の様相を呈していました。今回MacBook AirとともにiPad Proにも、Magic Keyboardが用意されたのです。

同じ名前と同じメカニズムの説明をしていることを考えると、おそらくiPad Pro向けMagic Keyboardも、MacBook Airと同じ打鍵感を提供してくれるはずです。もちろん搭載するデバイスの重さや厚み、剛性感によって打鍵感や音は変わってきます。

しかし、ファブリックでiPadカバーを兼ねるのSmart Keyboard Folioに比べれば、しっかりとしたキートップとメカニズムによる快適なタイピングが提供されるに違いありません。

例えば、持ち運ぶ仕事マシンを1台手に入れたい、とします。そこでMagic Keyboardが採用された新しい13インチMacBook Airがいいのか、iPad Proと新たに用意されたアクセサリ、Magic Keyboardを組み合わせる方が良いのか、少し悩ましい部分があります。

iPad Proは当然ながら、ディスプレイを触って操作することができ、Apple Pencilを使って書き込むこともできます。さらに、Magic Keyboardで快適なタイピング環境まで手に入れられます。そしてセルラーモデルならSIMもささる...。なんとなく、iPad Proの方が良いチョイスに思えてきます。

しかし問題は価格です。iPad Proは11インチの128GBモデルが7万9800円、256GBモデルは9万800円。iPad Proは12.9インチの128GBモデルが9万4800円、256GBモデルは10万5800円。これにMagic Keyboardを買い足すと、更に2万9800円かかります。

おそらくA12Zの方がIntel Core i3よりも高い処理性能を発揮し、ディスプレイの品質も良いでしょう。筆者の場合iPad Proがコンピュータを使う時間の9割を占めていますので、iPad Pro用Magic Keyboardは非常に魅力的です。

しかし「#iPadOnly」な生活を送っていないほとんどの人にとっては、Magic Keyboardの極上タイピングを持ち運ぶことができ、256GBストレージを搭載する104800円でMacBook Airが手に入れたほうが、価格が安く、今までの仕事をそのままこなせるのではないでしょうか。

とはいえ、すぐにMacBook Airに飛びつけるかといわれると、少し気がかりなこともあります。

それは筆者がコンピューティングの1割で使っている13インチMacBook Proです。16インチMacBook Pro、13インチMacBook AirがMagic Keyboard対応したにも関わらず、13インチMacBook Proはバタフライキーのままラインアップに置き去りになっています。

おそらく近々、13インチMacBook ProもMagic Keyboardに置き換わることになるでしょうが、だとすれば今この段階でMacBook Airにすぐに飛びつかず、新モデルを待って、価格や仕様を検討する必要があります。よい機能を、上位モデルから揃えていくことの重要性を物語っていますね。

ちなみにカラバリがゴールドのMacが欲しいひとは、MacBook Airが唯一の選択肢ですので、迷わず選ぶべきでしょう。