Pixel 5(仮)はSD 765G搭載のミッド向け5Gスマホに?

すでに話題は5へ

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2020年03月20日, 午後 04:00 in google
0シェア
FacebookTwitter
Google Pixel 5/4a

米グーグルの次期スマートフォン「Pixel 5/Pixel 4a(どちらも仮称)」に関する噂が、海外にて伝えられています。もしかすると、Pixel 5はフラッグシップモデルにはならないのかもしれません。

YouTubeチャンネルのTecnoLike Plusが公開前のグーグル純正カメラアプリから入手した、今回の情報。そこにはPixel 5を示唆する「photo_pixel_2020_config」という文字列が存在し、また「Bramble」「Redfin」というコードネームも発見されています。

このBrambleとRedfinというコードは今年1月にも発見されており、両端末とも米クアルコムのミッドレンジ向けプロセッサ「Snapdragon 765G」の搭載が示唆されています。Snapdragon 765Gは1チップ内に5Gモデムを統合したSoCであることから、Pixel 5では5G通信への対応も期待されているのです。

これまで、Pixelシリーズはフラッグシップモデルとして市場に投入されてきました。もしPixel 5がミッドレンジ向け端末となれば大きな方針転換となりますが、グーグルとしてはスペックよりもAI(人工知能)やマシンラーニングといった、ソフトウェア方面に注力したいのかもしれません。

その他にもXDA Developersは、Pixel 4aに高速なUFS 2.1ストレージが搭載されることを報告しています。これは韓国サムスンのGalaxy S20に採用されたUFS 3.0ストレージほどではないにしろ、現行モデルのPixel 3aのeMMCフラッシュメモリからは大きなジャンプアップとなります。

あいも変わらずリーク合戦の様相を呈する次期Pixelシリーズですが、まず先に登場するであろうPixel 4aのリリースが、コロナウイルスの影響を受けないかどうかも、若干気になるところです。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, google, mobile, pixel, smartphone
0シェア
FacebookTwitter